AndroidのChromeでタブ一覧が変?(簡易表示の解消)

スマホのインターネットの表示が変になった!

Blog Admin
Blog Admin

え?
一大事ですね。たしかAndroidでしたね。
どのような様子ですか?

タブを選べない~

Blog Admin
Blog Admin

Chromeのタブ一覧のところですね。
表示イメージを見たいのですよね?

開いているタブの簡易表示

AndroidスマートフォンのChromeにて、タブ一覧を表示させた際の表示が、通常と異なっていたということでした。
「変」というのはなかなかに解釈が難しいですね。。w

簡易表示
このような表示

具体的には、タブ一覧が簡易表示になっているのでしょう。
ページのタイトルのみが一覧表示されている状態ということです。
何かの拍子に、簡易表示をオンにしたのか、謎の因果関係で切り替わったのか。
ユーザーを困惑させるのはよくないですよ?w

タブ一覧
こうしたいということですね?

iOSのChromeもでしょうか。。
使っていないので分かりません。。

2021年2月のタイミングでは、タブはグループ表示になっています。
上の図から、さらに変わりました。

ここでは簡易表示の話なので、考え方は変わっていません。

タブの中身を表示させる

簡易表示になっているとページタイトルのみが表示される状態です。
ユーザー補助機能としてオンになっているとこの状態ですので、設定からオフります。

操作方法

Chromeの画面右上の三点 → 設定 → ユーザー補助機能 → 「開いているタブの簡易表示」のチェックをオフ

Chromeの機能ボタン
設定ボタン
設定画面
設定画面

ユーザー補助機能なのです。
チェックが入っていると思いますので、タップしてマークを外してください。

反映関係のボタンはありません。
チェックを外したら、画面左上の矢印で戻っていくか、Androidの戻る操作(設定により異なるので)で、通常の表示まで戻ってください。

簡易表示にもメリットがある

簡易表示にすると、展開中のタブの中身がぱっと見で分からないですよね。
どうしてこのような表示にするの?」という疑問を抱かれることでしょう。
聞かれますので。

理由はあるのです。
ちょっと技術者よりの理由かもしれませんがw

リソース消費が少ない!

簡易表示の唯一のメリットといってよいです。

リソースの消費が少なく済むのです。
ここでいうリソースは、主に以下です。

  • CPU
  • メインメモリー
  • パケット通信

タブの中身を解析して表示するには、CPUのパワーを使います。
けっこうすごいことをしているのです。
これにともなって、メモリーも消費します。

さらに、タブの中身を確認するために、データ通信する場合があります。

ネットワーク

簡易表示にすれば、上記は実施せず、ただタイトルのみを表示すればよいのです。
スマホの立場からすると、こんなに省エネなことはありません。

通常とシークレットの切り替えは下部

ちなみに、通常タブとシークレットタブの切り替えは、画面下部のタブというかボタンというかです。
見覚えのあるアイコンが並んでいることでしょう。

左側が通常で、右側がシークレットです。

Chromeのシークレットモード
参考: Chromeのシークレットモードです。

切り替え関係の情報は、主に画面上部に表示されますからね。
急に下に行くと戸惑います。
ここは面白いなと思います。

好みの問題です

通常表示と簡易表示のどちらがよいか。
それはご自分で決めてください。
ときどき質問されることもありますが、「使いやすいほうでどうぞ」としか言いようがありません。

スマホ

一応、Google様の推しは簡易表示のようです。
なるべくサクサクと動かしたいという意図があるのでしょう。
Chromeはメモリーを食いすぎだという非難もありますので。
そういったことへの対処としては、いちいち表示内容を更新しなくてよいので、簡易表示のほうがいい感じといったことなのだと思います。

見た目で分かりやすいのは通常のタブ一覧だと思いますし、慣れているとも思います。
消費メモリーやパケットを厳密に気にされるのであれば簡易表示で、それ以外であれば通常表示がよろしいかと。

この投稿を書いたのは・・・
Blog Master

ガジェットが大好きで、毎月何かしら買っております。
無駄遣い扱いされたくないのと、何かの役に立つかと思い、記録を書くことにしたのでした。

お出かけのときには、スマホを複数台とタブレットとパソコンと、Pocket WiFiを持ち歩きます。
両手首にはスマートウォッチです。
こんなスタイルで生活している中での備忘録を書いています。

「Blog Master」をフォローしてみる
Android端末
「Blog Master」をフォローしてみる
wnkhs.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました