Jabra Evolve 75e: 気が利いていて驚きばかり

Blog Admin
定価29,000円のイヤホンは、ちゃんとしています。
普段使っているものの10倍価格にもある意味納得です。

Jabra Evolve 75e
高級イヤホンの実力
おそるべし!

初めてのアクティブノイズキャンセリングです。これまではパッシブタイプばかりですので。。
これはすごいです。驚きです。

お店で試すだけではよく分からないですね。。
価格が価格なだけに、思い切りがつかず。
使ってみての納得感です。

お仕事関係で使わせてもらえたので、遠慮なく持ち出し、一緒に行動してみました。
(結局買ってないw)

手持ちのイヤホンの中で最強

そもそも価格帯が違いますので。。
手持ちの1万円未満のものとは比較できませんw
音質がとてもよいと思うのです。

Jabra Evolve 75e

製品サイト

首掛け方のBluetoothイヤホンです。
コントロールボタンはネックバンドの部分についています。5つのボタンはがんばって覚えましょう。
右側に3つ、左側に2つです。右側の親指側にはアタリがあります。細かいところに気が利いています。
マイクは右側のイヤホンコードについています。
ビジーライト(後述)もここのユニットです。

形状が似ているBluetoothイヤホンは、最近あまり登場しない「Joy house C3」。
音質では、Jabraに勝てません。。
APT-Xで3000円以下の調達価格でしたから、コスパですね。

Bluetoothイヤホン(Joy house C3)はカナル型でフィット感がよくAPT-Xが快適
Bluetoothイヤホンの「Joy house C3 Bluetooth wireless headphones」を購入しました。カナル型でフィット感がよくAPT-Xが快適です。

フィット感と肌触りがすごい

素材にこだわっているとのことで、いい感じの肌触りです。
コードの形状は平たくなっていて、変なねじれを防いでくれているのでしょう。
マイクの向きがおかしなところにいってしまうこともなく。

よくできていますね。

イヤホンの耳元パーツもいい感じです。
耳のパーツは呼び方がバラバラでして。Jabraではイヤージェルと呼びます。

イヤージェルの形状は楕円形で、耳の穴へのフィット感がよいです。
好きです。

アクティブノイズキャンセリング

トラム

初体験。感激です。

アクティブノイズキャンセリングは、Active Noise Cancellingなので、略してANCです。
耳の穴に密着するかたちなので、ANCオフの状態でも、それ相応に周りの音は聞こえにくくなります。
パッシブノイズキャンセリングです。

ANCのオンとオフに加えて、Hear Throughというモードが用意されています。
Hear Throughにすると、外の音がスピーカーから聞こえてきます。

ちょっと気になるのは、ANCがオンだと耳の気圧が高くなったような感覚になります。

屋内

エアコンが聞こえにくくなる。
キーボード操作音とマウス操作音は聞こえにくくなる。
話し声は聞こえる。

電車内

エアコンの音が聞こえにくくなる。
アナウンスは聞こえる。
電車のモーター音も聞こえる。
話し声は聞こえる。

道路上

風切り音が聞こえなくなる。
車のエンジン音も走行音も音は聞こえる。
自転車の走行音も聞こえる。
話し声は聞こえる。

細かく気が利いている

細々と気が利いていうと思うのです。
直感的に使いやすいと感じます。
さすがは高級イヤホン。

ケース

イヤホンを外すと一時停止

イヤホン部分に搭載されているマグネットを付けると、音楽が一時停止。
イヤホンを外したと認識してくれるのですね。

最初は驚きましたが、ホームページにちゃんと書いてありましたw

Bluetoothはかなり飛ぶ

お尻ポケットにスマホを入れて、椅子に座っても、問題ありません。
Bluetoothで10メートル。これがドングル接続だと30メートルというカタログスペックです。

それでいてすごくクリアです。

わかりやすいフィードバック

ボタンの操作フィードバックがわかりやすい。
音声での案内か、クリック音。

音声は英語です。

クリック音は、普通押しは1回、長押しは2回。

うるさすぎなくていい感じです。

読んだだけでは謎だった機能たち

高性能なイヤホンですので、気の利いた機能がたくさん用意されています。
本当に必要なのかはさておいて、ホームページの記載だけではよく分からず、使ってみたら理解できたものを記録しておきます。

Listen in

ヘッドホン

左側手前の「ANC」ボタン長押しでオンとオフを切替え。
操作はクリック音でフィードバック。

Listen in オン
音楽が消えて、周囲の音がスピーカーから聞こえるようになる。
音楽は止まるわけではない。
Hear Through では音楽が聞こえたまま、周囲の音が聞こえてくる。
Listen in オフ
もとのモードに復帰。
音楽は止まっていなかったので、続きからではなく、その時間分進んでいる。

もし誰かとお話をすることになるなら、イヤホンは外すのがマナーな気がします。
ちゃんと聞こえてくるのですが、見た目が大事ですw
音楽は止まらずに進んで行ってしまうので、イヤホンを外して、マグネットを合わせたほうがよいかと。
マグネットで音楽は止まりますので、またゆっくり聞けばよいのです。

種類ANC ONANC OFFHear ThroughListen in
周囲の音アクティブキャンセリングパッシブキャンセリングイヤホンから聞こえる
音楽聞こえる聞こえない

ビジーライト

右側の音量上げと下げを同時押し。
長押しすると機能自体が無効化されるので注意。

操作フィードバックあり。音声。
オンにすると「Busy」、オフにすると「Available」。

マイク近くの赤いLEDライトが点くだけ。
分かる人が見れば分かるが、知らない人には分からない。
どこかに説明を書いておくとか、共通認識は必要。

振動するネックバンド

電源のオン、オフや、入電通知などが振動で通知される。
特に入電は発信音ではないのでストレスにならないという話。

決してマッサージ機能などではない。

Bluetooth接続(利用スタイル)

ドングルが付属していて、すでにペアリング済み。
仕様書上はBluetoothと書いてあるが、有効伝達距離が30メートル。独自形式とも考えられる。

想定されている使用方法は、恐らく以下。

  • PCにはドングルを挿して接続。1本目。通話用。
  • スマホのBluetoothと接続。2本目。音楽再生用。

2本同時接続が可能なので、このようなかたちかと。
PCのBluetoothと接続することも可能。
PCのUSBと有線接続もできると書いてあるが、うまくできているのかよく分からない。。たとえできたとしても、コードが邪魔。

ノイズがカットされるマイク

マイク

物理的に口に近いマイクで、クリア音質みたいです。
マイクは口元にくるので。

機能的にも、風関係のノイズには強いようです。

フーフー吹いても、あまり音を拾っていないです。
マイクテストで吹いたり叩いたりするのはやめていただきたいものですがw
きれいに音を拾ってくれるのはよいですね。

調達は公式ページから

大好きなAmazonでは品切れ状態。
購入は公式サイトが安心です。

ブランド品は、公式サイトや正規代理店から調達したいものです。

高級品ですから。初期不良などがあった場合でも、しっかり対応してもらえます。

最後まで読んでくださりありがとうございます!
もしよろしければ、公式Twitter(@wnkhs_net)のフォローもお願いいたします。

当ブログの更新情報+αをお届けします!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました