ブルブル振動マシンに乗りました(2022年8月20日の運動記録)

Blog Admin
Blog Admin

乗るだけでエクササイズ!
というやつです。
諸般の事情でジョギングもスイミングも行けないので、振動マシンに乗った状態を記録しました。

振動マシン

振動マシン
10分 乗るだけ

スマートウォッチには、自由運動とかフリースタイルとかいったモードもあります。
今回はその記録です。

うまく時間を作れなかったため、時短にて。

今回の装備

デバイス関係はランニングのときと同じです。
いわばいつもどおりというわけです。

屋内なので、特に何ということはないです。

デバイス

バンド変更
Xiaomi Mi Smart Band 5

着用していたデバイスは以下のとおりです。

  • 左腕: Xiaomi Watch S1 Active
  • 右腕: Huawei Watch GT

それぞれのデバイスにペアリングしているスマホは、すぐ目の前においておきました。
屋内ですし、別に制限もありませんので。

ウェアー

部屋着そのものです。
半袖、ハーフパンツ。
それ以外の特殊なものはありません。

今回の記録

Mi Fitness(Xiaomi)の記録とヘルスケアアプリ(HUAWEI)の記録を載せます。
計測前には必ずデバイスを再起動しましょう!

XiaomiとHuaweiでは言葉の使い方が異なります。

  • Xiaomi: フリースタイル
  • Huawei: 自由運動

個人的にはHuaweiの方が分かりやすくて好きです。
Xiaomiの言い方だと、何か特別なことをしないといけないのかと感じてしまいます。

振動マシンは10分(最大)かつ強度最大にセットしました。
中腰状態で、下半身に効くようにしました。

Xiaomi Watch S1 Active

カロリーと心拍数が分かります。
それ以外は分かりようもないですよね。。

2022年8月20日
2022年8月20日 フリースタイル

外から無理やり動かされているわけですから、この程度でしょう。

Huawei Watch GT

こちらも、カロリーと心拍数ですね。
レポートは心拍数レンジを書いてくれているので、こちらのほうが分かりやすいです。

2022年8月20日
2022年8月20日 自由運動

限られた時間内ではこの程度でしょう。

両者の比較(今回は省略します)

もっと長い時間をかけていたら比較の意味もありそうですが。
今回は、まずやってみた感じですので。

振動マシン

マシンが振動します。
その上に乗ります。

すると、身体が振動するわけです。

振動マシン

揺れるので、それに反発するように動かないといけないわけです。
EMSみたいなものでしょう。
楽して運動できないかというヤツです。

上手に使えば、しっかり筋肉が付くはずなのです。

振動マシン(2D/3D/4D)
振動マシン(2D/3D/4D)
Amazonで見てみる
https://amzn.to/3F9K3kD

おしりとももとふくらはぎがだるいです。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました