Windows 10 のバージョンにご注意を!(サポート期限を過ぎているのでは?)

Blog Admin
Blog Admin

Windows 10 のサポートは 2025年10月14日 までですが、バージョンによってはサポート期限が過ぎています。
バージョンアップすれば問題解決ですよ。

Windows 10

Windows 10
2025年10月14日まで

Windows 10 はもう古いっ!
無料でWindows 11にできるのですから、バージョンアップしてしまえばよいと思います。

10のサポート期限はまだ余裕があるものの、バージョンは確認しておきましょう。

バージョンによる違い

21H2とか22H2とかいった値がバージョンです。
左側の2文字が西暦の下2桁になっています。
つまり、21H2は2021年のリリースで、22H2は2022年のリリースです。

基本的な考え方は、最新のバージョンが最後までサポートされ、途中のバージョンは最新バージョンのリリース後2年くらいでサポート期限になります。

OSは最新にしておきましょうということですね。

バージョンの確認は、「設定」からです。

22H2 は 2025年10月14日まで

Windows 10 の最新バージョンは22H2で、これが最後までいきます。
「最後」というのは、10そのもののサポート期限である2025年10月14日のことです。

もうあと2年ほどなのです。

Wallpaper

もし業務で利用されているようでしたら、要件定義や調達などで、ある程度のリードタイムがあることにご注意ください。
ホームユースではないので、注文して明日届くようなものではないはずです。
業務の切替えも必要なので、そろそろ本気で考え始めないとキケンだと思います。

21H2 は 2023年6月13日まで

最新のひとつ前なのですが。。
もう切れています。
ご注意ください。

CAUTION

OSが使えなくなるということではないのですが。
最新版への更新が提供されません。
つまり、何か致命的な問題が発見されたとしても、修正プログラムは提供されません。セキュリティーの問題が残ったままになるということです。

Windows 11 にすればよい

直近の延命措置としては、Windows 10 を 22H2 にすることです。
さらに長い期間使いたいのであれば、Windows 11 にしましょう。

ライフサイクルは公式サイトで公開されています。

10から11に変わっても、そこまで変化はないような気もしつつ。
なるべく見た目を変えないようにするためのおすすめ設定はいくつかあります。

タスクバー
(Windows11)
タスクバーはカスタマイズ可能

特に、タスクバーのアイコンが真ん中に並ぶことを許せないものでして。。
Macユーザーには怒られそうですが、いちいち位置が変わるのは、使いにくいのですよ。
場所を探すのがストレスです。

ちなみに、Windowsには12があります。
現在開発中とされていて、いずれ世に出てくることでしょう。

消えゆくモノたち
この投稿を書いたのは・・・
Blog Admin

ガジェットが大好きで、ほぼ毎月何かしら調達しております。
無駄遣い扱いされたくないのと、何かの役に立つかと思い、記録を書くことにしたのでした。

お出かけのときには、スマホを複数台とタブレットとパソコンを持ち歩きます。
両手首にはスマートウォッチです。
こんなスタイルで生活している中での備忘録を書いています。

「Blog Admin」をフォローしてみる
Windows PC消えゆくモノたち
「Blog Admin」をフォローしてみる
wnkhs.net

ご意見やご感想などお聞かせください! コメント機能です。

タイトルとURLをコピーしました