国立新美術館のダリ展と六本木アートナイト

10/21(金)、ダリ展を見学してきました。
芸術の秋です。

話の始まりは、国立新美術館のダリ展を観に行こうということでした。
日程調整の結果、10/21ということになり、よく調べてみると「六本木アートナイト」が開催中とのこと。遅い時間に行ったにもかかわらず、かなり楽しめました。
短い期間の開催はもったいないです。。

ダリ展

新美術館の1階展示室で12/12まで開催中の企画展です。
今回は、前売り券で入りました。(関連情報

10/21、22は、22時まで開館なのです。アートナイトの関係だと思います。

ダリ展のチケット

感想

生の色が観られてよかったです。
有名な画家さんですから、何かと目にするダリの作品ですが、やはり本物と写真は異なります。
本物は生々しいです。
公式図鑑も置いてあって併せて観たのですが、写真で観ると、発色がきれいになって、何もかもきれいな印象です。
ダリショップでも同じような発言を聞いたので、感覚は間違っていないと思います。

やはり本物を観ておかなくては!

混み具合

すべての絵の前に人がいる程度の混雑です。
絵の正面に1列、ぎっちり埋まっていましたが、後ろのスペースは自由に動き回れました。

音声ガイドを使われている方とそうでない方では、鑑賞スピードに差があります。どこもそうですが。。
うまくまわれば、混雑を避けて絵画鑑賞できました。
ただし、人気のある絵は常に混雑状態で、遠くからしか鑑賞していません。。

ダリ展のオブジェ(外観)

展示は撮影禁止になっていましたが、ガラのオブジェのところで記念撮影ができます。
ここも列ができていました。せっかくなので、並んで撮影しました。
ちょっと空いているときだったらしく、10分も待たずに順番がやってきました。

六本木アートナイト

今年は10/21~23の期間中、六本木界隈でアートなプログラムが催されています。

六本木アートナイト2016

ダリ展を鑑賞後、21時を過ぎていたのですが、2つのプログラムを鑑賞できました。

「ここから -アート・デザイン・障害を考える3日間- 」

新美術館の2階で開催しています。
障害のあるアーティストさんの作品と、障害者用プロダクトが展示されていました。アートとデザインと障害を一緒に考えるということですね。
アーティストさんのグッズ販売もありました。

案内ページ

義肢や装具、車いすなどの展示は、渋谷ヒカリエで以前開催されていた超福祉展に似ていました。
今年は11/8~14開催ですね。(2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展

パフォーマンスを楽しめた

展示鑑賞後、新美術館の外に出ると、正面のスロープのところで光る馬に遭遇しました。
黒山の人だかりで、細かくは分かりませんでしたが、海外のアーティストさんたちのパフォーマンスだったようです。

カンパニー・デ・キダム「FierS à Cheval 〜 誇り高き馬 〜」
案内ページ

音楽が流れて、光る馬が動いていて、幻想的でした。

写真に挑戦

Lumia950の機能を活用して、いろいろ撮影してみました。
芸術の秋ですから!
(撮影後にサイズ変更して縮小したものです)

館内の廊下

国立新美術館
シャッタースピードを0.5秒にsて、ホワイトバランスとISO値を調整しました。
いろいろ触ってみてやっと分かってきました。さすが、NOKIAの魂です。

正面入口付近

国立新美術館(2016年10月)
パフォーマンスゾーンを避けて、とりあえず国立新美術館の、正面からの写真を撮影してみました。
暗くて分からなかったのですが、ハロウィーンぽくなっていたのでしょうか。。

右下のところに、光る馬も映っています~

コメント

タイトルとURLをコピーしました