Amazonのゴールドカードをお得に使えるようにするまでの話

「Amazon Mastercard ゴールド」を申し込むことにしました。
ゴールドカードにはAmazonプライム会員特典が付帯しています。(既存会費は返金されます。)
カードの会費が5,400円とか4,320円とかになり、3,900円相当の特典が見えているのです。
ポイントは2.5パーセントで、他にもゴールドカードの特典があります。
しかも、サイバーマンデーの特典で、7,000ポイントもらえるのです。
もう、申し込まない理由がありません!

Amazon Mastercard ゴールド
加入しました

申し込み後、手元にカードが届き、必要な設定を完了させれば、ゴールドカード生活の始まりです。
主に、「必要な設定」を書いておきます。

Amazon Mastercard ゴールド

Mastercardのゴールドです。
ただし、カード面がAmazonです。

Amazon Mastercard ゴールド
サイバーマンデーの特典付き!

上に書いたとおり、Amazonプライムの資格が特典として付いているのです。
Amazonで申し込みますので、当該クレジットカード情報は、自動で自分の支払い方法に登録されます。
買い物の際には、すでに登録されている「Amazon Mastercard ゴールド」を選択すればよいのです。

金塊

即時審査を使えば、いろいろ入力することは多いものの、テンポラリーカードがすぐに発行されます。
実際のカードが届く前から、クレジットカードでお買い物ができるのです。なお、上限額には注意しましょう。
それから、テンポラリーカードは、ゴールドの審査に通ったということではありません。
カードがちゃんと届くのかどうか、ややドキドキ感ありです。

そして、テンポラリーカードと発行後のカードの番号は異なります。

「Amazon Mastercard ゴールド」の年会費は、10,800円です。

会費を下げるために

ブタさん

「Amazon Mastercard ゴールド」の申し込み時に、リボ払(マイ・ペイすリボ)いに加入します。
これで、会費から5,400円割引になります。毎年です。

さらに、明細のWeb化(カードご利用代金WEB明細書サービス)で、1,080円の割引です。
これは2年目以降でないと適用されないものではあります。

実質年会費

割引や特典を換算した場合の実質お支払い額の計算は、以下が成り立つでしょう。
すでにプライム会員という前提で、2年目以降の計算です。

10,800円 – 5,400円 – 1,080円 – 3,900円 = 420円

年間420円の上乗せです。(1年目は1,500円の上乗せです。)

ここに7,000ポイントが乗ってきます。
1年目の1,500を引いて、残りの5,500ポイントを420で割ると、14年間は無料みたいなものです!

カード到着まで

申し込みからカード到着まで、5日間でした。
火曜日の夕方に申し込んで、日曜日の午後に簡易書留が来ました。

1週間以内に来てくれれば、なんともありがたいものです。

簡易書留を受け取ってから、中身を確認するまでは、ややドキドキでした。
そういえば、Amazonのアカウントサービスを見たら、申し込みの翌日に、受付のメッセージが入っていました。カウントはここからでしょうか。。

リボ化への対策

年会費を大幅に押し下げてくれるリボ化。
どう考えても必須です。

お金

決められた金額を上回るお買い物の場合、溢れた部分が自動的にリボ化されるものです。

ですが、手数料15パーセントなんて払いたくないのです。
初期設定だと3万円までしか登録できませんので、ちょっと大きな買い物をすると、リボ払いになってしまいます。(3万円を上回った部分がリボになります。)
設定金額をカード利用上限に変更し、実質無効化させます。

Vpass 画面
Vpassの申し込み画面

Vpassに登録し、「マイ・ペイすリボ」の支払いコースを変更です。

まずは、カード番号や生年月日を入力してVpass登録します。
引き落とし口座の番号が必要です。(入力するのは下4桁のみ)

登録が完了したら、速攻で設定を変更します!

お支払いコース変更
画面右側のロゴの直下です。

「リボ払い&キャッシング」のトップページで、「マイ・ペイすリボ」のロゴの下にある「お支払いコース変更」です。
URL: https://www.smbc-card.com/mem/revo/mypace_opt.jsp

ここで、金額のところに、カードの上限いっぱいの数字を入力して登録したら、安心してお買い物ができるようになります。

さいごに

ゴールドカード生活が始まりました。
ぜひとも、海外旅行に行きたいです。
保険とラウンジの特典を使いましょう!

飛行機

Mastercardを手に入れたことで、クレジットカード問題はいったんの解決と考えています。
ここのところ、JCBだけで困ったということはありませんでしたが、やはり安心感は違います。

損益分岐点をどう計算するか、諸説あると思いますが、まずは「クレジットカードを持つ」とか「ゴールドカードを持つ」とかいったことを考えた方がよいと思います。
直近では、VisaかMasterが必要でしたし、ゴールドカードを持つことも考えていました。
今回の「Amazon Mastercard ゴールド」取得で、一挙両得でした。
大変満足しております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました