最近話題のHuawei製スマートフォン「P20 lite」を調達してから、もう5か月が経ちました。(「Nova 3e」とも言う。)
せっかくなので、ある程度の期間使ってきた感想を書いておこうと思います。

Huawei P20 lite
(Nova 3e)
5か月レビュー

全体的には満足度が高い端末です。
小さいながらも大画面で、見た目がいいです。
生体認証は便利で、バッテリーはちゃんと持ちます。

購入当初は3万円でしたが、現時点では2万円台まで価格が下がってきています。
なかなかのお得感だと思います。

デバイスたちを連れて歩き回った感想

ただし、最近は様子がちょっとおかしいことがあります。大勢に影響はありませんが、気になるポイントではあります。

気に入っている点

特に気に入っている点は以下です。

  • 小型ボディで取り回しがよい
  • ノッチがあるデザインに慣れられる
  • 生体認証(特に顔面)が便利
  • 性能面での不満がない

それぞれ詳しく見ていきます。

スポンサーリンク

小型ボディで取り回しがよい

手元端末で見ると、Xiaomi Mi A1 と iPod touch の間の大きさです。
最近の端末は大きすぎて、さすがに指が画面端まで届かないです。。
P20 lite なら、そこまで無理せずに、対角線の端まで親指が届きます。
きっちり片手で操作できるのです。

HUAWEI P20 Lite と Xiaomi Mi A1 比較
左がHUAWEI P20 Lite。右がXiaomi Mi A1。

画面は縦方向に長く、ノッチがあるほどですので、通知センターの呼び出しまでは苦しいわけですw
このそうさは、背面の指紋センサーをスワイプすることで対応できます。
そういう意味でも、片手操作は楽です。

本当はiPod touchくらいの大きさがよいのですがw

ノッチがあるデザインに慣れられる

Android 9 Pie からOSでも正式採用されているノッチありデザインです。

P20 lite のディスプレイ上部には、ほどよい大きさのノッチがあります。
インカメラやらスピーカーやらがあるわけです。その両脇に各種情報がアイコン表示されます。

画面ノッチ
画面ノッチとラウンドと表示

さらに、画面はラウンドしているデザインです。
四隅とも丸まっていて、このあたりの表示がどうなるのか、実際に使っていて分かることもあります。
もちろん、大した不便は感じないのですw

最新なデザインのデバイスは使ってみたいのです!

生体認証(特に顔面)が便利

顔面認証はかなり便利です。
指紋認証も使えるので、さらに便利なのです!

端末を持ち上げるとウェイクアップするオプションをオンにしていますので、顔を向けていれば、特に何もせずにロック解除できます。
顔を登録すれば、屋内でも屋外でも、メガネをかけていてもいなくても、ちゃんと判別してくれます。
ときどき検出できなくても、指紋認証があります。

マスクをしていると顔面認証は使えません。そんな時にも指紋認証でロック解除できます。
パスコードをいちいち打ち込まなくてよいのは、本当に楽です!

性能面での不満がない

端末情報
端末情報

特に詰まることもなく、ほとんどの場面でストレスなく使えています。
機能に不満がないので、新しい端末を飼ってみようと思わなかったことが、やや問題だと感じる程度ですw

Android のバージョンは相変わらずの「8.0」ですが、8端末としての不満はありません。
もちろん上がって欲しいわけです!

ちなみに、ちょっと最近の様子が気になるわけで、それは別記します。
それでも、大した話ではないのです。

気になる点

マイナス方向に気になる点は以下です。

  • 最近様子がおかしいw
  • 滑る

どういうことか、書いておきます。

最近様子がおかしいw

別の投稿で詳しく書いておりますとおりです。

ガチャガチャしていますw
しばらく触らないでいると、スネてしまうのか、反応が鈍くなる時間帯があります。
ずっとかまっていて欲しいのでしょう。
運用回避可能な範囲ですので、直近でというということはありません。

アップデートで治ってくれることを期待しています。

滑る

クラインブルー
背面

気になるというよりも、注意です。
背面の摩擦係数が低いのです。

ツルツルテカテカな仕上げのせいか、斜めなところに置いておくと、勝手にどこかへ行ってしまうことがありますw
滑り落ちてしまうのです。
見た目や触り心地は気に入っています。
指紋が付きがちですが、拭けばすぐに取れますので。

デバイスの置き方と置き場所は注意しないと、大変な事故につながるかもしれないです。

スポンサーリンク

まとめ

ほどよい大きさで、いい感じに使えています。
ノッチやラウンドがあるからといって、アプリ操作に不便を感じることもなく、毎日楽しく接しています。

2万円台で暢達できる端末として、かなりの満足度です。
防水機能はないので、水没させないように注意しながら、しばらくは一緒に行動することになると思います。

本体とP20 lite
Honor Band 4 Running Edition

サブブランドのプロダクト「Honor Band 4 Running Edition」ともすんなり繋がって、快適に使えています。
いっしょに皇居ランです!

願わくば、OSバージョンアップをお願いいたします。

デバイスたちを連れて歩き回った感想

スポンサーリンク

さらにおすすめ

コメントを残す