タクシーで流れているCMを観て世の中のITトレンドを知る

先日、久しぶりにタクシーに乗りました。
会社や車によってだとは思うのですが、タブレットのような端末に映像が流れていました。

タクシーでもお勉強

走っていたエリアの関係するのでしょうか。
マネジメント層をターゲットにしたようなCMがたくさん流れていたように思います。
印象に残っているものを書いておきます。

久しぶりに乗ったTAXI

街中

まず、タクシーに止まってもらうところから苦労するわけです。
ちょっと曇った昼間なんて、防犯灯が点いているのか消えているのか分かりません!
前面に出ている「空車」の文字など読めんのです。
目が悪くて苦労することですね。地味に困ります。。

一生懸命タクシーに乗りたいオーラを出しながら、道端に立っていました。
減速してくれたタクシーの防犯灯をがんばって確認し、手を挙げるのでした。

無事に乗車でき、行先住所を伝えて、ふと気づくのです。
最近のタクシーにはCMが流れているのですね。
それから、スマホの充電用ケーブルが垂れ下がっていました。

マンハッタン

今回気になったのはCMの方です。
日中のタクシーだったからなのか、今のお仕事に関係するキーワードが飛び出しまくっていました。

移動中、PCで作業していたのですが、ふとキーワードが聞こえてきたりで。
笑いそうになったり。集中力を切りに来ているとしか思えませんでしたw
あと、やはり気持ち悪くなりました。。

印象に残ったCM

会議室

いろいろ流れていたと思うのですが、記憶に残っているのは以下のCMです。
理由は上記のとおりです。

  • ウイングアーク
  • Salesforce.com
  • Yappli
  • b→dash
  • JapanTaxi

ドキッとしてしまうのですよ。
こういうCMを見て、権限者はシステム導入を考えるのでしょうか

ウイングアーク

帳票がどうとか、BIがどうとか。
かつてシステムを設計していたころ、帳票のレイアウトを設計したり、特定のプリンターに出力したり、がんばっていました。

帳票とBI | ウイングアーク1st
帳票とBIはウイングアーク1st。帳票とデータ活用・BIを基点に情報活用と業務効率を活性化させる「価値あるソフトウェア」をご提供いたします。帳票開発、データ活用・BIをテーマにしたセミナーも開催中。

納品に出かけるときも、タクシーに乗っていたことが多かったですね。

Salesforce.com

有名なCRMですね。
現在、お仕事関係の近所から聞こえてくるキーワードです。
大変そうです。。

Salesforce
セールスフォース・ドットコム(Salesforce)はクラウドベースのCRM/顧客管理システムやSFA/営業支援システム、MA/マーケティングオートメーションを世界15万社以上に提供しています。Salesforce製品一覧、導入事例、2分でわかる動画や30日間無料のトライアルなどをご紹介します。

かつても、システムパーツを使うとか使わないとかで、プレゼンを受けたことがありました。
あまり印象には残っていませんが、なんでもできますみたいな話だったと思います。

Yappli

アプリ開発のためのツールという印象です。
先日、分析の画面を見させていただきました。
スマホ普及率がぐんぐん上がっていますので、ネイティブアプリを開発、運用、分析できるツールは便利でよいですね。

アプリプラットフォーム「Yappli(ヤプリ)」
Yappli(ヤプリ)はアプリ開発・運用・分析をノーコード(プログラミング不要)で提供するアプリプラットフォームです。

個人的には、PWAにすればいいじゃないかと、毎回思うわけです。

b→dash

データマーケティングのプラットフォームですね。
導入を検討しているとかしていないとかいったことが聴こえてきています。

b→dash|業界シェアNo.1 データマーケティングツール
b→dashは、ノープログラミングで、データの「連携・取込・加工・統合・活用」を実現する、業界シェアNo.1のデータマーケティングプラットフォームです。

やはりマーケティングは大切ですね。
当ブログでも導入しますかw
(そんなアクセス数はありません。)

JapanTaxi

タクシー配車アプリを提供している会社さんです。
タクシーに乗っているわけですから、そんなCMが流れるのは当然です。

JapanTaxi株式会社
国内最大級のタクシー配車アプリ「JapanTaxi」を運営するJapanTaxi株式会社の公式サイトです。「移動で人を幸せに。」をミッションに、交通×ITの分野で新しい可能性を模索します。

ちょうど最近、お客様へのタクシー配車で苦労したことを思い出しました。
微妙に使い方がよく分からないのです。。(まじめに見ていないので。)

CMも有意義に

タクシー

日中時間帯に限らず、タクシー移動を頻繁にされるような方に向けたCMが流れているのでしょう。
かなりビジネスパーソン向けの印象です。
しかもある程度の権限を持っている方向けだと思います。

自動車保険やテレビ番組のCMなどなかったように思います。
作業しながらだったので、頭に入って来なかっただけかもしれませんが。

WBSは時々観て、CMも観るようにしています。
時にはタクシーに乗って、世の中のことを勉強してみようと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました