Wear OSのような、Huawei製スマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT」(FTN-B19)を購入しました。
さっそく届きましたので、初日からの感想です。1週間ほど使わないと、計測のための学習ができないらしいのです。

HUAWEI WATCH GT
ファーストインプレッション

記録は追って、定期的に残していこうと思います。

  • 端末名: HUAWEI WATCH GT-C11
  • 型番: FTN-B19

調達価格は18,980円(税込)です。

HUAWEI WATCH GT

Huawei(ファーウェイ)製のスマートウォッチです。
細かい仕様はAmazonなどで確認できると思いますので、ここでは割愛します。

今回の選定基準は、以下です。

  • 丸型カラーディスプレイ
  • 樹脂製ベルト
  • 通知が確認できること
  • 手持ちスマホと純正接続できること
  • 心拍数が計測できること
  • その他、今まで使ったことがない計測ができること

4つ目の要件が厳しいですねw
実質、XiaomiかHuaweiです。Appleという選択肢もあるのですが、お値段が。。

みごと合致しましたので、Amazonのタイムセールに合わせて調達しました。
現在の販売価格は、 ¥ 21,116 です。

スポンサーリンク

日本で安心!

最近、並行輸入のデバイスを使うことが多かったわけです。
もっともつまずくのは、もちろん言葉の壁です。。

注文と配送状況から始まり、到着後はクイックスタートや初期表示が英語または中国語でした。
中国語は正直しんどいです。。w

同梱品
充電用の専用クレードルとUSB-Cケーブルと、クイックスタートガイドと保証書が入っています。

今回は、Amazonで調達!!
注文からすべて日本語です。
開封後、クイックスタートガイドに「Quick Start Guide」と書いてあってビビりましたが、多言語対応の冊子で、ちゃんと日本語のセクションがありました。
電源の入れ方が書いてあるくらいで大した内容ではないのですが。。
安心します。

そして、ちゃんと技適マークありです。
安心して皇居の周りを走れます!

P20 lite とペアリング

画面ノッチ
P20 lite

スマホとのペアリングが前提になります。
専用アプリでの設定です。

手持ちのM3 liteとペアリングしようと思ったのですが、ヘルスケアアプリが対応していないとかで、断念しました。。

「ヘルスケア」アプリの仕様上、ペアリングで接続していられるデバイスは1つのみです。リストには残りますが、1台以外は候補になっているだけです。

せっかくなので、高性能そうな方を純正ペアで使おうと思い、ペアを組み替えました。

ペアリングが簡単すぎる!

接続完了
「Honor Band 4 Running Edition」の時の表示です。

Huaweiの「ヘルスケア」アプリを使います。
「自分」のところで、「マイデバイス」の「追加」を選択すれば候補が表示されます。

選択したら、時計でチェックマークをタップして完了です。
簡単ですね。

時計の電源が入っていることが前提です。
それから、スマホのBluetoothはオンにしておきます。

ペアリング後は、数回の更新が走ります。
けっこう時間がかかりますので、ここまでを想定しておきましょう。

本体
黒っぽい印象です。

最新化されれば、あとは快適に利用するだけです!

ウェアラブル端末の組替え

本体とP20 lite
Honor Band 4 Running Edition

「Huawei P20 lite」に「HUAWEI WATCH GT」を接続しましたので、これまでペアになっていた「Honor Band 4 Running Edition」が溢れてしまいました。

そこで、「Xiaomi Mi A1」にHuaweiの「ヘルスケア」アプリを導入し、新しくペアリングしました。

Xiaomi Mi Band 3」は行方不明のまま、出てきません。。
もう諦めています。
そして、「Mi Fit」だけでは精度が低いので。。

感想

どうしてもZenWatch3との比較になってしまうのです。
致し方のないことです。
昔の端末と最近の端末です。やはり、違います!!

とにかく動きが軽快で!
そして、電池持ちがすばらしいですね。

サクサク

すばらしい反応速度!
ちゃんと、すぐに反応してくれる。普通のことですが、すばらしいことです!!

まったくもたつかないことに感動しております。

電源投入直後
電源投入直後、HUAWEIのロゴが表示されます。カラーです。

ほんの2年でここまでの進化です。
やはり新しいデバイスを買わなくてはですね!

パワフル

充電は、専用クレードルからの給電のみです。
接触式なので、端子はきれいにしておきましょう!

充電中に表示されていました。

充電中
初期状態でも6割のバッテリー残量でした。

本体裏面の、12時と6時の位置にある金属部分が端子です。
ここをとにかく清潔に、きれいにしておきます。
ZenWatchの二の舞だけは避けたいところです。

充電用クレードル
クレードルの電源は、USB Type-C ケーブルです。

肝心の電池の持ちですが、初日は、前夜からの睡眠込みで、夜の段階で12パーセント使っていました。
最初のうちはいろいろいじりますので、どうしても減りは早いものと思われます。
それでも1割ちょっととは。
ZenWatchの感覚で考えると、驚きの電池寿命です。いいですね!

フェイスは少ないが

ウォッチフェイス

プリセットのフェイスがいくつか、といった具合です。
ここでパーソナライズするつもりもないのですが、ZenWatchのときを考えると、数は圧倒的に少ない上にカスタマイズもできません。

最終的に、いろいろ足かせになっていた部分のかもしれませんが、少し楽しみでもありました。

やや物足りなさを感じるところではあります。

スポンサーリンク

今後の予定

まずは1週間、様子を見ることになります。
そういったようなメッセージも表示されていますし。。

24時間装着後にいじっている様子。

その後は皇居ランですね!
せっかくのデバイスです。
スマホなしでも、単独でGPSを受信できますので、活用したいと思います。

せっかくなので、走るだけではなく、泳いでみるとか、山を登ってみるとか、自転車で走ってみるとか、試してみようと思います。
特に、水泳はどんなことになるのか、気になります。

ベルトの付け根
ベルトの付け根を撮影したかったのですが。。

ベルトを交換できるようなので、販のものに換装してみようかと思っております。
WATCH GT のベルトは、HUAWEI のロゴが入っているのが気になるのと、柔らかすぎる感じがします。
フェイスが変わらない分、ベルトで自分らしさを出してみるとかw

そういったことを考えております。

スポンサーリンク

さらにおすすめ

コメントを残す