『本好きの下剋上』アニメ第4期はあるんだろ!?

SunShine!
SunShine!

『本好きの下剋上』第3期が最終回でした。
マインのお墓が建っておしまい。
これだけ書くと変な感じだなw

儀式中

本好きの下剋上
第3期 感想

ちゃんと観てたよ。

第1期から全36話。
完走
最初は文句ばっかり書いてたのに、結局全部観たんだな。

井口裕香さんは長いシリーズの主役になる人なのかな。

で、第4期もあるんでしょ?
ネタはあるんだもんね。

剣と魔法の世界(特に魔法)

魔力をどーこーするってのがひとつの伏線だもんね。
ソードも普通に出てくるし。
ファンタジー!

魔術具に充当される魔力は、それだけで価値がある。
源泉は才能みたいなもんだってことで、生まれつきのギフト要素が大きいよな。
魔力があれば貴族。
平民は搾取するだけ。

領主さま方
領主さま方

そのわりに商人とか職人とかがまともだから。
ノブレス・オブリージュがちゃんとしてるんだな。
宗教は怪しい

子どもがけっこう産まれるお話だったな。
赤子の出演が多い気がする。

識字率は低いのに

活版印刷技術までいったもんね。
ルビーとかには触れられなかったが。

グーテンベルク!

Gutenberg 体験版2

WordPress の評判はなんだかなあだけど、すごい人だよ。
大量印刷か可能になるんだから。
ソリューションによって職を失う人たちはいつだっているもんね。

写本なんて、魔術でなんとかなりそうな雰囲気あるのにな。。
そしたら製本とかそのものがひっくり返っちゃうか

カラーインクはどおなった?

この世の物理法則が及ばないみたいだから。。
三原色がそもそも違うのかなんなのか。

染料なのか顔料なのかってのも使い分けでいいような。。

Material You カラーパレット

いずれにしても、産業として大量生産するとかゆーと、それはそれで考えることが多いんだな。
原材料の調達、ラインの構成、物流の整備、在庫の仕組み、販売経路、ブランド管理、などなど。

スタートアップってすごいね。

基礎研究は大事って考え方がいいね。
結果だけじゃなく、中身が分かってないと。
足元は固めておこうぜ。

んで、インクの研究は継続になったってことか。

墓石エンド

マインは死亡なんだね。
平気で「処分」とか発言する領主様こえーよ。
貴族の恐ろしさ。

世界の価値観は違うもんな。
平民は魔法使わないからゴミみたいなもんなのか。

宗教の意義もようわからん。
領民支配の一点のみか!?

ローゼマイン
ローゼマイン

一部の人々はマインとローゼマインが同一人物って知ってて。
元家族は契約で縛られてる。
けどルッツたちはフリーだよな。
商売人は信用が人質なのかね。

元家族は教育レベルが低いから、魔法契約で実効性を担保してんのかな。

第4期の可能性

語るべき話は以上みたいなことだったか。

で、「to be continued…」ってなった。
続くんだよね。

ここまでは予定どおりだったとも言える。
この先は、テレビアニメなのか、OVA(OAV)なのか、劇場版なのか。
話題とかだけじゃなく、商業として成立するかだよね。

ネタはあるんだから何かしらやれるっしょ。
井口裕香さんはシリーズものってイメージ強いし。

いけるいける!w

- ご案内 -

『本好きの下剋上』に関して、他にも楽しく投稿しています。

ちょっと興味がありそうでしょうか?
ついでに見ていただけたらうれしいです!

こちらからどうぞっ!

まずは来週のコメンタリーを楽しみにしよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました