ランニングフォームを手軽に詳しく診断(「Honor Band 4 Running Edition」をシューズに着けるだけ)

Huaweiの「Honor Band 4 Running Edition」を装着して、皇居を1周してきました。いわゆる「皇居ラン」というやつです。
やはり、靴にデバイスを装着すると、かなり細かいデータが得られるようです。
自分のクセが値として出てきます。

思っていた以上に、いろいろと分析してくれて、アドバイスもくれます。日本語です。分かりやすいです。

小型デバイスをシューズに着けるだけで
足元の細かいデータが取得可能

初心者ですが、ランニングの結果とともに、使った感想を書いていきます。
今回は、おおむね半分くらいのところで、靴装着モードと腕装着モードを切り替えました。(装着場所変更です。)

おすすめ装着スタイルは、圧倒的に靴です!

HUAWEIのフィットネストラッカー「Honor Band 4 Running Edition」は6軸センサーでランニングのクセも計測!
『HUAWEI』の「Honor Band 4 Running Edition」が到着しましたので、開封と初期設定を実施しました。その名のとおり、ランニングに特化したつくりになっています。リストバンドスタイルだけでなく、靴にも装着できます。

気持ちよく晴れた日で、夕方ですが寒すぎず、楽しく走れました!

皇居ラン

言わずと知れた、皇居の外周を走るやつです。
いろいろなことが程よくて、素人でもランニング向きだと納得できます。

  • 信号がなくてコースが分かりやすい
  • 1周5km
  • 程よい高低差
  • 警察官がいて夜でも安心
  • アクセス最高

以前、1度だけ走ったことがあったのですが、この度、久しぶりの皇居ランです。
もはやデビューと言ってよいでしょう。

adidas RUNBASE TOKYO
永田町駅の4番出口から歩いてすぐです。皇居方面に歩いて、左側にあるナチュローの裏側(同じ階)です。

そこで、噂のランニングステーションを使ってみることにしました。
今回使ったのは、『adidas RUNBASE TOKYO』です。
言わずと知れた、スポーツメーカーのアディダスが運営しています。
実は、ランニングシューズを持っていないので、いいものを借りられるのではないかという思惑がありましたw
施設使用料(ロッカー + シャワー)は800円で、靴のレンタルは100円です。けっこうお手軽だと思っています。

皇居
青山通りから皇居外周に入ったところです。ここがスタート/ゴールです。

装着スタイル

装着モード

ブレスレットとして腕に着けるスタイルと、バックルを使用して靴に着けるスタイルから選択できます。(ファーストインプレッションでも書きましたとおりです。

今回は、靴装着でスタートして、ランニングコースの半分くらいのところで、腕装着に変更しました。

「Honor Band 4 Running Edition」は、靴に着けたほうがより細かいデータを得られます。
断然、靴装着がおすすめです!

靴に着けるか腕に着けるかで、取得できるデータに差があります。

靴装着

靴を履いた状態で装着したほうがよいです。

靴装着01
バックルを靴ひもにくぐらせた状態です。
靴装着02
ここに、Honor Band 4 Running Edition 本体を装着します。

靴ひもにバックルを通すのは、力業でなんとでもなります。

靴装着03
本体をバックルに装着しました。ボタン側をまず手前側に引っ掛け、反対側を押し込みます。
靴装着04
しっかり固定された状態です。バックルに装着すると、自動で「フットモード」に切り替わります。

本体は軽いので、靴に装着しているという感覚はありませんでした。
邪魔になることもありませんし。まったく気になりません。

さすがに、時間を確認するなどはできませんw
腕にはXiaomi Mi Band 3を着けていたので、不便はありませんでした。

ちなみに、今回装着した先がレンタルのランニングシューズです。
ランニングステーションのスタッフさんに選んでいただきました。
履き心地がよかったです。

装着モード(フット)
装着モードは、Honor Band 4 Running Edition本体をバックルにはめこむと、自動で「フット」になります。

腕装着

スタンダードなブレスレットスタイルです。

腕装着スタイル
ブレスレットとして腕に装着している状態です。

腕に着けるメリットは、時計や歩数や距離などを見られることです。
Honor Band 4 Running Edition は心拍数のセンサーは日搭載なので、腕に着けたことで特別に得られるデータはありません。

Lava Redは、赤いラインが目立ちます!

Gearbest Honor Band 4 Running Edition
Honor Band 4 Running Edition
(GearBest で購入)

アプリからのアドバイス

実際に走ってみて、結果を得ましたので載せておきます。
Honor Band 4 Running Edition で取得した情報は、Huaweiの「ヘルスケア」アプリできれいに見られます。(事前にペアリングが必要です。

恥ずかしいですね。。

あくまでも、ランニング初心者、というか、今回が初の皇居ランくらいの人間のやったことです。
それから、言い訳がましいですが、途中で靴ひもがほどけたり、走り方を変えてみたりしています。
(靴ひも結びは結果に出ていますが、走り方変更が結果に出ていません。。w)

今回の結果
(画像クリックで拡大)

かかとから接地しているので、関節によろしくないということです。
アドバイスも出てきているので、これらを意識して、リベンジしたいと思います。
その結果も載せるということで、モチベーションにします!

ちなみに上の画像は、「ヘルスケア」アプリで、データを共有する機能を使ってエクスポートしたものです。

結果の共有
エクササイズの結果は、共有ボタンでエクスポートできます。(その結果が別の縦長画像です。)

エクスポートできるjpg画像は、上に載せた詳細以外にサマリーもあり、走った地図だけでなく、なんとなくスタイリッシュぽい画像でのエクスポートも可能です。

Gearbest Honor Band 4 Running Edition
Honor Band 4 Running Edition
(GearBest で購入)

感想

「Honor Band 4 Running Edition」は、靴に着けたほうがよいです。

ブレスレット装着と靴装着

理由は大きく2つです。

  • 細かいデータを記録できる
  • 腕が煩わしくない

最大の理由が、靴に着けた時に取得できるデータの細かさがすばらしいということです。
歩数はいいとしても、歩幅にはじまり、接地時間、着地衝撃、外返し、スイング角度、接地パターンなど、個別指導でもそう簡単に分かるものではありません。
さらには、アドバイスまで付いてきます。

上の方に載せました結果の画像のとおり、途中から接地時間などのデータを取得しなくなっています。
腕装着では、足元で起こっていることは分からないのです。

デバイス自体は軽いので、腕に着けていても重いとか邪魔ということはないのですが。個人的に、腕に何かが着いていることが、あまり好きではないということもあります。
なくても問題ないものなら、別のところに携帯したいのです。。

Gearbest Honor Band 4 Running Edition
Honor Band 4 Running Edition
(GearBest で購入)

コメント

タイトルとURLをコピーしました