気温が低くても雨のせいで湿度が高かった(皇居ラン 10km 2020年9月15日)

Blog Admin
Blog Admin

皇居ランの記録です。
2020年9月15日に走ってまいりました。
10kmランです。久しぶりです。直前の雨のせいで蒸していました。

皇居ラン
2020年9月15日

「Huawei Watch GT」と「Xiaomi Mi Band 4」での計測です。

2周目標で走っております。久しぶりの皇居ランです。
ゆっくりと楽しく走れました。

いっときよりも人が戻ってきていると思います。

直前まで小雨でしたので、ウォーターハザードに注意です!

今回の装備

デバイス関係は次項のとおりです。いつもどおりの2台体制です。
ウェアーはレンタル品で夏装備です。

シューズは「ナイキ リアクト インフィニティ ラン」です。
トレーニング用のものです。

デバイス

スタート直前
左手(Huawei Watch GT)

携行していたデバイスは以下のとおりです。

  • 右腕: Xiaomi Mi Band 4
  • 左腕: Huawei Watch GT
  • Huawei P20 lite(ヘルスケアアプリ)
  • Xiaomi Mi A2(Mi Fitアプリ)
  • Pocket Wi-Fi

電話機たちとPocket Wi-Fiは、ウエストポーチに収納です。
パンパンでキツイですw

ランニング装備

ウェアーは、半袖 + ハーフパンツです。夏ですね!
外気温は25~26度ほどで、湿度はよく分かりませんでしたが、蒸し暑い感がありました。
ランニング中はマスクなしです。

ちょっといい靴下を着用しました。

靴下
ナイキ リアクト インフィニティ ラン フライニット
ナイキ リアクト インフィニティ ラン

シューズは、「ナイキ リアクト インフィニティ ラン」です。
10,000円ほどのモデルをお得にレンタルです。

まだまだピンクはオーバースペックです。しばらくはトレーニング用シューズで。

デバイス関係はウエストポーチで携行しています。

今回の記録

ヘルスケアアプリ(HUAWEI)の記録と、Mi Fit(Xiaomi)の記録を載せます。
今回はいつもどおりのシンクロ度合いでした。1周目はほぼ同時。2周目も大差ないと思います。
ちゃんと記録できることがモチベーションなのです!

Xiaomi Mi Band 4 ショート
Xiaomi Mi Band 4 ショート 2020年9月15日
Huawei Watch GT ショート
Huawei Watch GT ショート 2020年9月15日

基準にするデバイスは、Huawei Watch GTです。
定点観測です。

Huawei Watch GT

時計単独で計測できるはずが、ヘルスケアアプリとの連携が必須になりました。
単体だとGPSを受信できません。準備完了状態にならないのです。
残念です。元に戻してほしいです。

Huawei Watch GT ショート
Huawei Watch GT ショート
Huawei Watch GT ロング
Huawei Watch GT ロング

心拍数や歩数の通知が来てその直後は、1kmごとの通知が来ません。。
なんとかならないものでしょうか。

ランニング中の通知の在り方は、もう少しなんとかしていただきたいものです。

いつもどおりのやや辛口評価です。
2周とちょっと走って、やっと10kmでした。
違和感はないです。
計測前の再起動が効いたのか、しっかり計測できたと思います。

HUAWEI WATCH GT スマートウォッチ GPS内蔵 気圧高度計 iOS/Android対応 WATCH GT Sports/Black ベルト/シリコン 【日本正規代理店品】
HUAWEI WATCH GT スマートウォッチ GPS内蔵 気圧高度計 iOS/Android対応 WATCH GT Sports/Black ベルト/シリコン 【日本正規代理店品】
Amazonで見てみる
https://amzn.to/2U2D59x

Xiaomi Mi Band 4

Xiaomi Mi A2 のMi Fitアプリと連携させて計測します。
スマホのGPSに頼ります。

バンド本体にGPSの電波を受信する機能はありません。
手の振りと、心拍数を計測していると思われます。

Xiaomi Mi Band 4 ショート
Xiaomi Mi Band 4 ショート 2020年9月15日
Xiaomi Mi Band 4 ロング
Xiaomi Mi Band 4 ロング 2020年9月15日

ペースのばらつきが、いつもより少ないです!
最近いい感じです。改善されたのでしょうか。

トータルでもいい感じの記録です。
お高いスマートウォッチには勝てないものの、よいコストパフォーマンスだと思います。

最新のデバイスは「Xiaomi Mi Band 5」なので、そろそろ切り替えの予感です。

両者の比較

結果の比較です。
前回の10kmランとも比較します。

種類Huawei Watch GTXiaomi Mi Band 4Watch GT(前回)
走行距離10.04km10.04km10.03km
時間00:58:1800:57:5601:00:24
平均ペース5:485:456:01
平均速度10.33km10.40km
(計算値)
9.96km
平均ストライド105cm99cm103cm
消費854kcal907kcal843kcal

まずは5:50~5:40/1kmあたりになったらよいかと思っていたので、真ん中あたりに落ち着いてよかったです。
前回はとにかく蒸し暑かったので、これから少しずつ成長していけたらよいと思っています。

右側

両者の記録は、距離を見るだけでは差がないように思えるのですが。。
ストライドの差が酷いと思います。
速度にも差があります。。

メーカーの差というレベルなのでしょうか。。w

雨上がりはいろいろ怖い

直前まで小雨が降っていました。
いわゆる夕立のようなやつだと思います。
ザーっと降って、すぐ止んだのだということです。

実は地下を移動していたので、詳しくは分かっていません。

2020年9月15日 皇居ラン

雨のせいで、路面は濡れていました。
こういう時には、白い帯やマンホールが滑りやすくて怖いですね。

加えて、ウォーターハザードもできあがっています。

下り坂のボコボコもありますし。
いつも以上に足元注意で走りました。
アゴが上がってしまうクセがあるので、なんだかちょうどよい気もしています。
胸を張って、アゴを引いて。かっこよく走りたいです。

マスクなしでの会話はやめてほしい

ランニングコースでも、ランニングステーションでも。
けっこうな運動ですし屋外ですので、マスクを着けないのはよいと思うのです。

ただ、飛沫リスクの大きい会話は控えてほしいのです。

おしゃべりしたいのなら、マスクを着用すればよいと思います。
マスク着用が嫌なら、静かに黙々と準備したり、走ったりでよいのです。

ウイルス

ニューノーマルのマナーだと思います。
仲間との会話が楽しいというのは分かりますが、観戦拡大のリスクは仲間以外にも影響します。

そういえば、ハイドレーションバッグのテストがまだできていませんね。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました