IMEで漢字に変換する候補の1番目をひらがなにしない設定

Blog Admin
Blog Admin

IMEでの変換候補の最初がひらがなになる問題を回避するための設定です。
幸いなことに、手元環境では再発しておりません。

Windows 11
変換候補の設定

Windows 10 のときに当たった壁に対抗するための設定です。
これが正しいのか、いまだに不明な部分もありますが。
Windows 11 では、IMEの設定も変わりましたので。

Blog Admin
Blog Admin

IMEの変換がイマイチな話とは異なります。
おかしな変換候補を出してくるのも、改善していただきたいものです。

漢字変換してくれない問題

漢字に変換したいのに、IMEが出してくる候補の1番目がひらがな。。

というような愚痴を書いておりました。
この問題への対処として、IMEの設定をいろいろと調整したので、その記録です。
Windows 11 にしたときなのか、設定がデフォルトに戻っている部分もあったので、あらためて設定しなおしました。

日本語のキモだと思いますので。
漢字変換はしっかりとやっていただきたいものです。

IMEの設定を変更したところ

「変換候補の一覧に含める文字の種類を選択する」の選択をすべて外しました。
Windows 10 のIME設定から、文言が変わっています。(旧称: 候補一覧に追加で表示する文字種)

文字種類と文字セット
文字種類と文字セット

選択肢は以下です。

  • ひらがな
  • 全角カタカナ
  • 半角カタカナ
  • ローマ字

デフォルトでは、「ひらがな」と「全角カタカナ」にチェックが入っていたので、両方とも外しました。
ひらがなにしたければ、そのまま確定すればよいことです。
カタカナにしたければ、「無変換」を使えばよいことです。

設定手順

Windows 11 での設定手順です。(Windows 10 の場合は別の投稿にて
2パターン書いておきます。

最短到達方法

IMEのアイコン(画面下部ツールバーの「あ」とか「A」とか書いてあるところ)を右クリック → 設定

上記でよいと思いますが、どうしても設定からという場合には、以下のように辿れば、到達できます。

設定から潜る方法

設定 → 時刻と言語 → 言語と地域 → 「日本語」の右にある「…」 → 言語のオプション → 「Microsoft IME」の右にある「…」 → キーボードオプション → 全般

後者のほうが難易度が高いと思います。

注意点

とはいえ、変換候補には相変わらずひらがなもカタカナも表示されているのですが。。w

CAUTION

やはり課題は残る

どういうわけか、変換がうまくいきません。。
逆に酷くなったのではないかと思うほどです。

予想される問題は以下です。

  • 履歴が悪さをしている
  • 無線キーボードの電波が届いていない
  • 設定が間違い(文字セットの選択かもしれない)

ひとまず、文字セットは「IVSを除く」にして、落ち着いていると感じております。

この投稿を書いたのは・・・
Blog Master

ガジェットが大好きで、ほぼ毎月何かしら調達しております。
無駄遣い扱いされたくないのと、何かの役に立つかと思い、記録を書くことにしたのでした。

お出かけのときには、スマホを複数台とタブレットとパソコンを持ち歩きます。
両手首にはスマートウォッチです。
こんなスタイルで生活している中での備忘録を書いています。

「Blog Master」をフォローしてみる
Windows PC
「Blog Master」をフォローしてみる
wnkhs.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました