「重要なお知らせ」として「PHSサービス終了のお知らせ」が届いていました。
詳しい日付は分かりませんが、ゴールデンウイーク前には到着していたようです。

サービス終了の話と併せて、機種変更の特典案内もついています。

宛名面には、「親展」と「重要」とあります。
ぺりぺり剥がして展開すると、3倍の大きさになりました。

PHSサービス終了のお知らせ

PHSサービス終了のお知らせ

悲しいお知らせが書いてあります。
本当に本当のことなのですね。

平素はワイモバイル通信サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

ソフトバンク株式会社及び株式会社ウィルコム沖縄では、現在ご提供しているPHSの料金プランを2020年7月末をもって終了することとなりました。2020年7月末以降、通信・通話すべてのサービスがご利用いただけなくなりますが、終了日まではPHSサービスを今までと変わらずご利用いただけますのでご安心ください。

PHSサービスの長年のご愛顧に対し、社員一同心より感謝申し上げます。また、ご利用中のお客さまには、終了に伴い多大なるご迷惑をおかけしますことを、心よりお詫び申し上げます。

下記のとおりワイモバイルのスマートフォンや携帯電話へのお切換ご優待特典もご用意しております。ぜひご一読いただき、お切り替えを早めにご検討いただければ幸いです。

本当に長い間お世話になりました。
でも、まだしばらくはお世話になるつもりですw
機種を変更するわけですが、思い切ってソフトバンクへの乗り換えも考えているのです。
もうしばらく、じっくり考えさせていただきます。

機種変更を勧められているお手紙なのです。
メールアドレスに関しては、はっきりと引き継げることが書いてあります。

現在の電話番号とメールアドレスを引き続きご利用いただけます。

下に小さく、「メールアドレスの引継ぎ設定を行う必要があります」と書かれています。
ショップで案内されながらの作業であれば、大きな問題にはならないでしょう。

特典は、『事務手数料無料』です。

おすすめプラン

やはり音声通話がメインになるか、スマホ利用になるかで、2つのおすすめが書かれています。

音声通話なら「ケータイプランSS」(934円~)、スマホは「スマホプランS」(1980円)ですが、見かけの価格は引っ掛けです!
それぞれのプランに落とし穴があります。

詳しいシミュレーションは、別途まとめてあります。

どうしたって、同じようにはなりません。
持ち歩き電話を何に使うのか、あらためて考えて整理しておく必要があります。
余計なことにお金は払いたくないのです。

スポンサーリンク


重要なお知らせ

重要なお知らせ

お客様にご利用いただいているPHSの料金プランが
2020年7月末をもってサービス終了いたします。
詳しくは中面をご覧ください。

お手紙を展開しない状態で宛名の裏面に当たる部分には、重要事項であることが文章で記載されていることに加えて、サービス終了時期が分かりやすくチャートで表されています。

2020年7月末で、PHSサービスは終了です!

消えゆくモノたち

スポンサーリンク

さらにおすすめ

“ワイモバイルから「重要なお知らせ」が届いていました【PHS終了】” への4件のフィードバック

  1.  はじめまして。
     まだ使える(←バッテリー交換したばかり)PHSが、ワイモバイルの都合で使えなくなるわけですから、「電話機本体の代金ぐらい補助しろ」と言いたい気分です。

    1. まだ使えるものを手放せというのはエコではないですよね。
      最期まで走り切りでしょうか。

  2. プレミアムバーとストーラの2回線持ちでしたが 2回線ともYモバの603siに乗り換えました。都合 機種変更しない限り カケホのガラケー(OSはアンドロイドですが)が2台で2000円ちょいで維持できるのでむしろ支払いは減りました。まあメールを残そうとすると高くなるし MVNOのスマホもあるのでgmailでいいか・・と割り切りました。ゼロ3とかESとか300Kとか10台近くオリンピックのメダル箱に入れてきました。気に入ってたんですけど 終わっちゃうじゃどうしようもないですもんねぇ。思い出のある301Kとプレミアムバーは大事に持ってますけど。

    1. 長く使われていたのですね!
      確かに、今ならオリンピックのメダルの材料にできて、ピンバッジがいただけます。
      やはり割り切りで、思い出は記録しておくのが現実的ですね。

コメントを残す