【iPod touch 第7世代】開封!! 新しいところと第6世代との違い(見分け方)を確認

待ちに待った「iPod touch 第7世代」が到着しました。
注文した翌日に届きました。早いですね!

iPod touch 第7世代
新しいところ

手元の第6世代を使って、コピーのように初期設定を終わらせました。
ほんの5分ほどの作業です。(その後、アプリのインストールに時間を要しますが。。)

さっそく手元で動いている「iPod touch 第7世代」。前世代と違っているところがいくつか見えてきました。

満を持して『iPod touch 第7世代』降臨!

2019年5月28日、待ち望んでいた「iPod touch 第7世代」が発売されました。
購入しましたという話は、すでに書いたとおりです。

新型「iPod touch」発売!!(2万1800円から)
32GBモデルは、消費税込みで23,544円です。発表などではなく、すでに発売されています。

発注した翌日には、手元に届きました。
やはり、供給体制は整った状態になっているのですね。
(刻印なしなので、即日出荷されました!)

すでに第6世代くんは、バッテリーがヘタってどうしようもない状態でした。
おまけに、落下による破損が酷い状態でしたので。今秋にも買い替えかと思っていたところでした。
いろいろ嬉しい第7世代です。

スポンサーリンク


新機能!(第6世代からバージョンアップしたところ)

購入した第7世代は、第6世代からのクイックスタートで、バックアップから諸々をコピーしました。
手続きが簡単で、細かい設定も引き継いでくれるのです。すごく楽です。

A10 Fusion を採用したくらいしか違いのない第7世代と第6世代です。
ぱっと見で識別する方法は見つかりました。
中身まで見れば、確実に見分けられます。

iPod touch 第7世代(7th gen)

PRODUCT Red です。

第7世代からの新機能(一部は見た目変更)は、手元に来て気付いた分が以下です。

  • 見た目
  • 機種名
  • 「手前に傾けてスリープ解除」追加
  • 「計測」アプリ追加

もちろん、チップの変更やAR対応や、機能アップ部分は変わっています。
なんと言っても、処理は従来比で2倍ですからね。
ここでは、そのあたりは省略です。

見た目

見た目がすっきりしました。

外観だけで、第7世代と第6世代とを見分けるポイントを探しました。
第5世代にはストラップホールがあった、みたいな感じです。

見分けられるポイントは1つだけ。
背面下部のプリントです。

裏面比較

裏面の下部の表示のみが、見分けるポイントです。(左が第7世代/右が第6世代)

ここ以外、外観での見分けは不可能です。

表側比較

表側はまったく見分けがつきません。(手元端末は割れているのでw)(左が第7世代/右が第6世代)

底面比較

底面にも違いはありません。(上が第7世代/下が第6世代)

本当に、筐体はそのままなのですね。

しかもこの部分、ケースに入れたりカバーを着けたりすると、隠れてしまう部分です。。
外観での見分けは、かなり困難になりました。

機種名

中身では、かなり違っているところがあります。
チップが違いますので、機能面でも異なってきますし。

分かりやすい「機種名」ですが、はっきりと「第7世代」と書かれています。

情報

設定 → 一般 → 情報

もちろん、モデル番号も違っています。
Apple Care+ の勧誘もありますね。

これを見ると、第8世代のことを考えずにはいられません。

「手前に傾けてスリープ解除」追加

端末を持ち上げると、スリープが解除されるようになりました。
地味ですが、便利です。

対象の機能は、以下の場所でオン/オフが可能です。

設定 → 画面表示と明るさ

画面表示と明るさ

手前に傾けてスリープ解除

ホームボタンを押す回数が、1回減ります。
50パーセントオフですよ!

「計測」アプリ追加

「計測」というアプリが追加されました。
既存端末のアプリをすべて移行してくれた上に、新しくアイコンが追加されたのです。

計測

AR機能の成せる業です。

カメラで特異点を検出して、長さを計測してくれるやつです。
iPhoneユーザーにはおなじみなのでしょう。

われらiPod touchユーザーにとっては、期待していた機能なのです!

スポンサーリンク


すぐにバトンタッチ

まずはメール関連のアカウントのログインからですね。
手持ちのアカウント数がまあまああるので、やや骨が折れました。。

それぞれのパスワードを覚えている自分の記憶力に、ちょっとした安心感を得ました。

パッケージ

箱に変更はありません。アイコンの種類などは最新化されています。

その後のセキュリティー通知がウザかったです。。

iPod touch 第7世代

それから、主要なアプリでのログインも必要です。
バックアップからのコピーで、アプリの配置などは移行できますし、ブラウザーベースのアプリは情報を引き継いでくれているようです。
それでもアプリによっては、アカウントへのログインから始まり、細かい設定はそれぞれで実施必須です。
ある程度の作業量は覚悟せねばです。
携帯電話へのSMSも多くなりますw

すぐに電池がなくなる第6世代はもう使えませんので、近日中に除籍です。
新たに加わった「iPod touch 第7世代」とともに、楽し衣生活を送りましょう!
そして第8世代にも期待ですね。

wnkhs.net BlogAdmin

コメント

タイトルとURLをコピーしました