Xiaomi Mi Note 10 Lite 2か月使って見えてきた運用上の注意

Blog Admin
Blog Admin

今回は、ややマイナスになる評価と、その回避策をまとめます。
よくできた端末ですが、たまにイラッとすることもあるのです。

Xiaomi Mi Note 10 Lite
2か月レビュー

2か月前に調達したAndroid端末です。

全体的に満足度の高い端末であることに変わりはありません。
それでも、すべてが完ぺきというわけではありません。
運用上の注意点をまとめておきます。備忘録です。

デバイスたちを連れて歩き回った感想

狹額縁曲面ディスプレイが美しい

ディスプレイの長辺(タテ持ち時の両サイド)が奥側へ曲がっていることに加え、ベゼルが狭いことで、ディスプレイの広さを感じます。実際、ディスプレイの占有率は91.4パーセントです。

特に全画面表示の状態になると、全面的に色が変わるので、迫力を感じます。

ジェスチャーナビゲーション
ジェスチャーナビゲーション

ジェスチャーナビゲーションに設定することでツールバーは表示されませんので、かなり広いのです

Xiaomi Mi Note 10 Lite
Xiaomi Mi Note 10 Lite
Amazonで見てみる
https://amzn.to/2ZSPwaI

これまでに遭遇した不便

システム的な不調と、運用上の問題と、併せて書いてしまいます。
最終的には運用で回避できるような話なので。

ほとんどの問題は、システム再起動で解決ですよ。

充電されていない

Gaming Toolbox

画面上は充電のイメージが表示されているのに、充電が進んでいないことがあります。
何度かトラップにハマりました。

充電アニメーションになっているのに数字が増えないのです。
本体はほんのり暖かくなっているのに、です。

再起動すると充電されます。

充電後しばらくしたら、数字が増えているか確認すると確実です。

最近は発生しない事象なので、アップデートで解決された可能性もあります。
気は抜けません。

バッテリーは2日持つが

カメラ
AI Quad Camera

それなりに大きなバッテリーを搭載していることもあり、2日間連続で使うことは可能です。
SIMを入れていませんし。

ただし、最後はヘロヘロです。
2日目は残量警告までいきます。
余裕などありません。
使い方にもよるのでしょう。

いずれにしても、毎日充電したほうが安心です。

キーボードの色

パッケージ
パッケージ

真っ黒にすると、画面下側のベゼル境界が分かりにくく、画面下からのスワイプになりがちです。
指が太いとかいったことは置いておきます。

ダークモードにしていることもあり、キーボードが黒いと、画面が大きく見えて見た目はよいのですが。使い勝手は微妙になります。
「ん」の入力時や濁点や句読点の入力で、ときどきホームへ行ってしまうのでイラつきます。。

指を置くなどでの対策もできますが。。

キーボードのトーンを上げるのが手っ取り早い解決策です。
見た目で分かりやすいので。自分への戒めになります。
あとは慣れでしょう。これだけは運用に慣れるしかありません。

タッチがズレる

1度だけ陥った事態ですが。
QWERTYキーボードのキー2つ分ほどの検知ズレがありました。

キーボードなど打てませんでした。

これも、再起動したら問題は解消しました。

何度かのシステム更新を経て

MIUI 11.0.8 です。
具体的に何か修正されたのかなど、詳細までは分かっていません。
少しずつよくなってきているのだと信じています。

MIUI 11
MIUI 11

最近は充電の問題に遭遇しないので、改善されたのではないかと考えております。

この先も更新されていくことでしょう。
また、Xiaomiから提供されているアプリもたびたび更新されています。
通知が来たら、充電ついでにじゃんじゃん更新していきましょう!

デバイスたちを連れて歩き回った感想
Xiaomi Mi Note 10 Lite
Xiaomi Mi Note 10 Lite
Amazonで見てみる
https://amzn.to/2ZSPwaI

コメント

タイトルとURLをコピーしました