Apple Watch SE2 に22mmバンドを装着

Blog Admin
Blog Admin

先日購入したApple Watch SEですが、Nikeのバンドに汚れが目立つようになり。。
クイックリリースの22mmバンドを着けております。

AppleWatch SE2

Apple Watch SE 第2世代
22mmバンドを装着

お買い物の記録です。
クイックリリースのパーツが前提です。

伝統的な着け方に慣れているのだと思います。
どうしてもこのタイプに落ち着いてしまうのですよね。

クイックリリースのバンドに

せっかく購入したNikeのスポーツバンドでしたが、Amazonで新しいバンドを購入して、付け替えてしまいました。
Huawei Watch GTなどのスマートウォッチ用に売られている22mmのクイックリリースのバンドです。

AppleWatch SE2
22mmバンド
バンド ベルト 3色セット
バンド ベルト 3色セット
Amazonで見てみる
https://amzn.to/3XDuI3X

3本セットで1,799円です。
1本あたりは約600円ということになります。

樹脂素材はやわらかめで、快適に装着できております。

現在は、普段使いに差し障りのない黒ベースでグレーの穴という色の組み合わせのベルトを使っております。
あと2本は、同じ黒ベースで、穴が白か青かという違いです。
ベルト部分に凹凸があるデザインです。

クイックリリースなので、他のバンドへの付け替えも簡単です。

22mmバンド装着

先日はオレンジで外出してみました。
Apple Watchがスポーティーなデザインですので、違和感なかったと思います。
とはいえ、普段使いには刺激的ですw

Apple Watch でクイックリリースを使えるようにアダプターを準備しました。

交換の理由(言い訳)

Apple Watch SE 第2世代

いくつか理由、というかお買い物の言い訳があるので書いておきます。
ただ単に興味本位でとか言ってしまうと、なんとなく罪悪感があるのでw

  • 白に汚れが目立つ
  • 余り部分を内側に通す風習に慣れない
  • 他のスマートウォッチとも共通規格なので
センサー部

思っていたよりも早いタイミングで、バンドが黒ずんできました。
バンドの余り部分がかなり汚れます。
洗えば落ちるわけですが、たびたびのメンテナンスは単純に手間です。
色のせいなのか、素材のせいなのか、なんとも言えないです。
そもそも見えない部分ではあるのですが、Apple Watchを充電する時などに、よい見た目ではありません。。

最後の項目は、なにがなんだか分からないわけですが、新しいバンドを買って、着用シーンが限られそうでもなんとかなるという気持ちです。

結果、快適という話

これまで使ってきた留め具の方式が落ち着くわけです。
ベルトの余り部分は外側に。
ループを通して固定で。
それでよいのです。。

ループの2つとも、内側に突起があり、ベルトの余り部分の穴と合います。

WATCH BAND
こういったものも持っていました。

このタイプは、摩擦によるループの消耗という課題が付きまとうわけですが。。
致し方ないでしょう。
いずれにしてもベルトは消耗品だと思います。

場合によっては、ループだけ買うという対応手段もあります。

もっと冒険したかったが

同じメーカーの色違いで、よりカジュアルな色の組み合わせもあります。

  • 白 + 黒
  • 青 + 白
  • 青 + 黒
バンド ベルト 3色セット
バンド ベルト 3色セット
Amazonで見てみる
https://amzn.to/3Uodkh2

もちろん、ラグは22mmの規格です。
3本セットで1,799円です。1本あたりは約600円です。
こちらもHuawei Watch GT向けというものです。
どちらに使っても問題ないですね!

ただし、納期がすごく先だったので、今回は選択しませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました