スマートウォッチで体力の衰えがはっきり分かる(3か月ぶりの皇居ラン 5km)

Blog Admin
約3か月ぶりのジョギング。キツかったです。。
今はとにかくリハビリです。

皇居ラン
2020年6月23日

今回の装備

デバイス関係は次項のとおりです。2台体制です。
ウェアーはレンタル品で半袖 + ハーフパンツです。
3月や4月のころからかなり変わっています。

ランステは今月からオープンして、いつもどおり利用できました。
シューズは「ナイキ ズーム フライ3」です。

デバイス

電源投入直後

HUAWEI Watch GT

携行していたデバイスは以下のとおりです。

  • 右腕: Xiaomi Mi Band 4
  • 左腕: Huawei Watch GT
  • Huawei P20 lite(ヘルスケアアプリ)
  • Xiaomi Mi A2(ヘルスケアアプリ)
  • Pocket Wi-Fi

スマホたちとPocket Wi-Fiは、ウエストポーチに収納です。
詰め込み過ぎなのか、熱を持ちますね。。

Huaweiのアプリと仲良くなれないです。

ランニング装備

ウェアーは、半袖、ハーフパンツです。
スポーツマスク着用です。
もう夏です。
外気温は25度を超えていたはずです。

シューズは、「ナイキ ズーム フライ3」です。

話題のピンクのやつはあったのでしょうか。
うまく見つけられませんでした。
名前も忘れてしまっていましたしw

今回の記録

ヘルスケアアプリ(HUAWEI)の記録と、Mi Fit(Xiaomi)の記録です。
慌てず騒がず、順番に、慎重にスタート確認していきましょう。
記録できないと悲しいのです。
モチベーションに影響しますので。

しばらくリハビリではありますが。
基準にするデバイスは、Huawei Watch GTです。
定点観測です。

Huawei Watch GT

時計単独で計測できるはずが、ヘルスケアアプリとの連携が必須になりました。
しかも今回はアプリとの連携ができているのか分からない始末。。

ところで、アプリ連携不明の状態でも、時計単体でのGPS受信はすぐにできました。
なんだったのでしょう。

Health ショート

Health ショート

Health ロング

Health ロング

記録は、しっかりできているように感じられます。
ペースやリズムの記録は、自分の感覚と合っているように思えます。

HUAWEI WATCH GT スマートウォッチ GPS内蔵 気圧高度計 iOS/Android対応 WATCH GT Sports/Black ベルト/シリコン 【日本正規代理店品】
HUAWEI WATCH GT スマートウォッチ GPS内蔵 気圧高度計 iOS/Android対応 WATCH GT Sports/Black ベルト/シリコン 【日本正規代理店品】
Amazonで見てみる
https://amzn.to/2U2D59x

Xiaomi Mi Band 4

UMIDIGI F2 のMi Fitアプリと連携させて計測します。
バンド本体にGPSの電波を受信する機能はありません。
手の振りと、心拍数を計測していると思われます。

Mi Fit ショート

Mi Fit ショート

Mi Fit ロング

Mi Fit ロング

ペースには相変わらずばらつきがあります。
トータルでは問題のない記録のように見えます。
お手頃価格のスマートウォッチながら、便利に使えると思います。

最近、「Mi Band 5」が出ましたね。

両者の比較

数字をいろいろ比べてみると、以下です。

種類Huawei Watch GTXiaomi Mi Band 4Watch GT(3月)
走行距離5.09km5.04km10.07km
時間00:26:5600:26:4300:48:47
平均ペース5:175:174:51
平均速度11.34km11.32km
(計算値)
12.39km
平均ストライド113cm109cm122cm
消費327kcal393kcal654kcal

比較的揃っています。
3月の記録と比べてしまうと、かなり落ちています。。
マスク着用ということもありますが、3kmあたりからキツくてキツくて、辛かったです。。

3か月で体力は1年前に

まず疲れました。。
10kmなど走れません。
5kmもキツイです。
これが3か月のブランクの結果なのですね。

何もしないと体力が低下するのだとよくわかりました。

【皇居ラン】Huawei Watch GT 単独で計測 + 自転車と接触しそうになりました
皇居ラン継続中です。今月から新しいデバイスで計測しているので、記録を載せていきます。そして今回、自転車と接触しそうになりました。。

平均ペースだけで見ると、1年前の3月ごろの水準と同じになっていたということです。
が、10km走っていますから。。
もっと落ちているということです。

皇居ラン 2020年6月23日

体力低下を実感しました。

思えば2年半ほど、コンスタントに走ったり泳いだりしていたわけで。
突然何もしなくなって、すっかり身体がなまってしまいました。
続けることは素晴らしいことです。

すごく疲れましたが、気持ちはスッキリです。一部を除いて。。
アプリとの付き合いは、うまくやっていくしかありません。

3ヶ月前の自分に戻るには、どれほどの時間を要するのでしょう。
記録ではっきり分かりますので定量的に見ていきましょう。

ワークアウトにはモチベーションが大事

スタート直前、Huawei Health を起動できませんでした。
ログインのためにSMS認証コードが必要だというのです。携帯電話は持っていませんでした。

イレギュラーな使い方をしている自覚はありますw

だからこそのチェックを怠っていました。
以前も同じようなことがあったのでした。

もともとHuawetとはそういう会社なのですから、チェックを怠った自分の責任です。
突如アプリを更新して、ログインしないと使わせないというのです。
あとから電話番号を登録して、データ同期できたからよいのですが。
メールアドレスではダメということになったのですね。

それでも、モチベーションはだだ下がりですよ!
あとから同期してくれても、その場の気持ちが整いません。。
アップデートでログインしなおしなど、必要なのでしょうか。。

記録することをモチベーションにしているので、辛いところです。
Xiaomiとの併存に救われました。

5km

5km

同期後、バッヂをいただきました。
すでに持っていたはずなのですが。。w

- ご案内 -

『ランニングの計測』に関して、他にも投稿しています。

ちょっと興味がありそうでしょうか?
ついでに見ていただけたら嬉しいです!

こちらからどうぞっ!

Blog Admin
久しぶりの運動は、想像以上の疲労感です。
リハビリですね。
最後まで読んでくださりありがとうございます!
もしよろしければ、公式Twitter(@wnkhs_net)のフォローもお願いいたします。

当ブログの更新情報+αをお届けします!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました