新型iPod touch「第7世代」発売へのシナリオ予想!(期待することも)

少し前の話になりますが、2017年9月13日未明、iPod touchファンは失意の中にありました。Apple社の新製品発表があったのですが、そこに「iPod touch 第7世代」は含まれていませんでした。
ある程度の予想はできていたものの、ショックは隠せないものです。
これまでの発表サイクルから考えると、2017年に発表というシナリオは、「あったら嬉しい」程度でした。
そして、今年。2018年。勝負の年です。

iPod touch

先日のWWDC18にて、2018年秋にiOS12がリリースされることが正式発表されました。
アップデート対象には「iPod touch 第6世代」が含まれています。
そこで終わるのか、次があるのか。新製品発表には大いなる期待を寄せています!

「iPod touch」はなくならない!

「iPod touch」の立場をあらためて考えてみます。

Apple社のホームページ(PC版)を見ると、画面上部にプロダクトが並んでいます。
左から、リンゴマークにつづき「Mac」、「iPad」、「iPhone」、「Watch」、「TV」、「Music」、「サポート」、そして検索ボタンとバッグのボタンです。
「iPod」はもはやメインプロダクトのカテゴリーではないという状態なのです。。

「iPod touch」は「Music」カテゴリーの中の一プロダクトです。

伝統の「iPod」は、2017年7月事変を経て、現時点で「iPod touch」のみになりました。

iPod shuffleとiPod nanoは終焉をむかえ、iPod touchのみが生き残った
厳しい生存競争に生き残ったのは、iPod touchだけでした。栄光ある『iPod』の名を冠するデバイスは、もはやiPod touchのみになってしまったのです。iPod touch第6世代の仕様変更がありましたので、第7世代の発売時期の予想確度が上がったと考えられます。

「Music」のメインプロダクトは、音楽聴き放題の定額制サービス「Apple Music」です。その付随品として、音楽再生に特化した「iPod touch」が存在しています。

携帯ミュージックプレイヤーは必要

Apple Musicのユーザーがお出かけ途中に音楽を聴く場合、iPhoneを使うのでしょうか。
多くの場合はYESでしょうが、そうでないユーザーも少なからず存在するはずです。

Androidスマホしか持っていないとか、そもそもスマホを持っていないとか、iPhoneの電池の減りを気にしているから専用プレイヤーを使いたいとか。
そういうニーズは確実に存在します。

そもそもスマートフォンの普及率のみで考えれば、全世界的にはAndroidが圧勝しているのです。
ここに切り込む先鋒としても、iOS搭載の専用音楽プレイヤーは有効なはずです。

「HomePod」の存在に危機感

やや懸念しているのは、Appleのスマートスピーカーの存在です。
「HomePod」は、2018年6月時点では、アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツで入手可能です。
恐らく供給の問題なので、その後は発売される国が増えていくことでしょう。

HomePod
HomePod mini takes up no space yet delivers room-filling sound. HomePod is a breakthrough high-fidelity speaker. Both help you multitask with Siri.

スマートスピーカーの用途は、Siriとの会話がメインになることはなく、音楽を流すことだと思います。
その時には、Apple Music を利用することでしょう。
Amazon Echo を使っていて感じることです

屋内で「音楽を再生するデバイス」としての地位は「HomePod」が持ち去るでしょうが、持ち歩けるiPod touchは、十分に需要があるのです。

スポンサーリンク


「iPod touch」は有用なデバイス

現在、iPod touchの第6世代を愛用しております。
毎日一緒に行動しています。
音楽は聴きませんが、ブラウジングとメールに使いまくっているのです。
溺愛です。

現在所有している iPod touch 第6世代

Appleさんに対して強くお願いしたい!
iPod touch 第7世代を発売してください!!
そしてその暁には、今以上に魅力的な端末になるように、ハードウェア的にも新しい機能を載せていただきたいのです。

考え方

既述のとおり、Appleのホームページ構成から察するに、iPod touch は音楽プレーヤーなのです。
決して廉価版iPhoneではないのですw

デバイスとしてのiPod touchは、Wi-Fiを搭載し、各種センサーやカメラが付いています。
AppStoreが利用でき、一部の限定アプリを除けば、iPhoneアプリをインストールして利用可能です。

音楽プレーヤーでありながら、iPhoneの入門版や限定機能版という色合いが強いのです。

「iPod touch 第7世代」に実装してほしい機能

iPhone Xは、全面液晶を採用しました。
これから先もiPhoneには様々な機能が実装されることでしょう。
信じられないようなことができるようになるのだと思っています。

iPod touchには、そこまで豪華な機能はいらないのです。
快適に使える最低限のものがあれば。
って、この要求水準がどんどん上がっていくのですがw

欲しい機能をつらつら書いてみます。

Touch ID

ぜひ実装していただきたい!

指紋認証

Android 7のFREETEL RAIJINHuawei MediaPad M3 Liteでは指紋認証が使えて、Windows 10 mobileの端末(Lumia 950)では虹彩認証が使えます。
手持ちデバイスの中では、iPod touch 第6世代だけ、パスコードの打ち込みが必要なのです。
これはスマートではないのです。。

iPod touchと厚みが同じiPad Air 2には、Touch IDが実装されています。技術的には可能なはずなのです。
なんとかログイン操作の簡便化を!

もちろん、顔面認証のFace IDでもよいのですが、そこまでは求めないですよ。
赤外線センサーを搭載したら、その分コスト高になりますし。。
でも、あったらよいですね!

防水

あったらいいな程度ではありますが。
現状でも、ジップロックに突っ込めば防水にはなりますからw

水

ただやはり、雨や雪の中でも安心して使える機能なので、防水、防塵になっていてくれると嬉しいです。

iPhone 8から、電話の方も防水になりました。技術的には同じですよねっ!

ワイヤレス充電

雷手持ちデバイスでは、nexus 7やWindows mobileの端末がQi対応で、とっても便利です。
置くだけで充電できるのは、USBやらLightningやらのコードがごちゃごちゃしているよりもスマートです。

iPhone 8から、電話の方もワイヤレス充電になりました。技術的には同じですよねっ!
AirPowerが登場するということで、ぜひここにのっけたいのです。

ここのところ、USBがmicro USBとType-Cとの2種類になって、Lightningもあって、ちょっと困っています。。

AR Kit 対応

PS VRつまりA10プロセッサ以降のチップを積んでほしいということです。
発売時期が先になれば、普通にA11やA12ということになるとは思います。

廉価版として、AR機能を削られてしまうと寂しいです。。

ここは、必然的にGPSの話にも発展するところです。。

スポンサーリンク


発売時期を予想

iPod touchはもう発売されないのではないかという説もあります。
あまり力を入れているようには見えないものですし。。

ちゃんと用途はあるので、ぜひ発売していただきたいです!

当然発売されるとして、これまでの傾向から考えると、2018年9月に発表、発売という流れでしょうか。

各世代の発表時期を見てみると、第4世代までは毎年更新され、現在の見た目になってからは2年、3年とブランクが開いています。
第7世代がどのような見た目になるかは置いておいて、期間を開けての大幅モデルチェンジというほうが可能性は高そうです。

  • 第1世代: 2007年9月
  • 第2世代: 2008年9月(ブランク: 1年)
  • 第3世代: 2009年9月(ブランク: 1年)
  • 第4世代: 2010年9月(ブランク: 1年)
  • 第5世代: 2012年9月(ブランク: 2年)
  • 第6世代: 2015年7月(ブランク: 3年)
  • 第7世代: 2018年9月(ブランク: 3年)?

東京オリンピックまでに新型が出てくれるといいな、程度の期待でしたが、案外早いタイミングで新型iPod touchが登場しそうな雰囲気が漂ってきています。

期待

iOS11のコード解析の中で、iPodのバージョンが上がっているという話です。
機種IDの記載が「iPod8,1」になっているということです。(これまでは「iPod7,1」)

2017年はiPod touch 10周年でしたが何も起こらなかったわけですが、今後のバージョンアップは十分期待できることです。

2018年7月説

第6世代のように7月に登場ということになれば、2018年7月というのは現実味のあるところです。

WWDC2018では、デバイス関係の発表は特にありませんでした。
7月以降にiOS11端末としてすい星のように登場して、その2か月後にiOS12にアップデートというシナリオでいかがでしょうか。

もっとも期待している説です!

2020年説

少し気になる情報として、iOSの更新が2年サイクルになるという噂がある、という話です。
IOS11の失敗を受けて、iOS12の次(iOS13)のリリースが2年後(2020年)になるということです。
各種デバイスは最新のOSとともにリリースされます。
2018年にiPod touchの新型が発売されないと、次のタイミングは2020年になっていまいます。

9月がリリースタイミングだとして、東京オリンピックまでおあずけになってしまうのです。。
これは辛いですね。。

スポンサーリンク
この投稿を書いたのは・・・
Blog Master

ガジェットが大好きで、毎月何かしら買っております。
無駄遣い扱いされたくないのと、何かの役に立つかと思い、記録を書くことにしたのでした。

お出かけのときには、スマホを複数台とタブレットとパソコンと、Pocket WiFiを持ち歩きます。
両手首にはスマートウォッチです。
こんなスタイルで生活している中での備忘録を書いています。

「Blog Master」をフォローしてみる
iOS端末
「Blog Master」をフォローしてみる
wnkhs.net

コメント

  1. 名無し より:

    僕もiPod touchを待ってる口ですが。
    iPod touchは廉価版iPhoneではない、入門版だ!ってのは読んでて変ですよ。それを廉価版と呼ぶんでしょ、と思います。ユーザー的には言いたいことは理解できますけど。そしてお手頃価格であることは重要と思います。8万とかしたら絶対買わない。
    あとワイヤレス充電に対応するなら金属筐体じゃなくなる必要がありますよ。技術的には。

    • Blog MasterBlog Admin より:

      お手軽価格がよいですね!
      ステンレスフレームにガラス筐体だったら最高です!!

  2. Blog MasterBlog Admin より:
タイトルとURLをコピーしました