FREETEL RAIJIN(マットネイビー)が到着(製造元は「プラスワン・マーケティング」)

RAIJIN関連の番外編です。
先日の『Priori 4』交換の件で、調達停滞のために『RAIJIN』への変更になっていました。

FREETEL Priori4 は欠品中で調達困難な模様。RAIJINへの交換になりました。
液晶不良のため交換を依頼してからすでに2週間以上音沙汰なしだったPriori4に関して、カスタマーサポートからRAIJINへの交換を提案するメールが届きました。1年前の型ですが、Priori5よりも高性能ですし、文句はありません。

こちらからの返信も遅れたので、やや手続きが停滞した感はありましたが、無事にマットネイビーの雷神が届きました。
マットブラックの調達は1年前だったので、いろいろ懐かしいこともありましたw
そのあたりも含めて、記録を書いておきます。

スポンサーリンク


端末に関しては、お仕事用なので、見た目の記録だけです。

懐かしの会社名が!

シリアルナンバーや技適マークが書かれたシールが必ず付いているものです。
製造元として「プラスワン・マーケティング株式会社」の記載があります!
もはや懐かしいです。

製造元・申請者: プラスワン・マーケティング株式会社

ちなみに、配送元には『MAYA SYSTEM』と書かれていました。
運営会社変更の過渡期ですね。

黒と青の違い

色の違いだけではなかったと思いつつ、その他の違いは見きれていません。。

色が違う

当たり前ですが、本体の色は異なります。

RAIJIN マットブラックとマットネイビー

認識していなかったのは箱の色の違いです。
なんとなくデザインまで違うように見えました。

RAIJIN マットネイビーの箱

RAIJIN マットネイビーの箱

雷神のパッケージ

RAIJIN マットブラックの箱

敗色が異なるので、印象がけっこう違います。

ロットが違う(はず)

あまり詳しく見られていないのですが、ビルドだかカーネルだかのバージョンが異なっているとかいないとか。。
何回かのアップデートの際に、最初にアプデがかかる組と後からになる組になっていました。

プライベート用のマットブラックは前者、今回のマットネイビーは後者のはずです。

RAIJINの搭載OS記録

ぱっと見で確認しても、違いは分かりませんでした。。

体制変更

Priori4 が4台の体制から、『Priori4 × 3台 + RAIJIN × 1台』の体制に変更です。
残っているPrioriの故障率が気になるところです。

小耳にはさんだ情報では、相当な故障率のようです。
実感もしていますので、信憑性はありますね。

ジャパンブランドというよりは、メイドインチャイナに日本で決裁印を押しただけみたいなものだったようです。
そういう意味では、RAIJINにも不安は残りますね。。

スポンサーリンク


配送がかかれば早急に到着です

FREETELサポート側で手続きさえしてもらえれば、あとは優秀なヤマト運輸の輸送網次第です。
発送メールの連絡が来たその日のうちに、箱が到着しました。

どうなっているのでしょう。
急ぎとかにしてくれたのでしょうか。
すごいですね。

この投稿を書いたのは・・・
Blog Master

ガジェットが大好きで、ほぼ毎月何かしら調達しております。
無駄遣い扱いされたくないのと、何かの役に立つかと思い、記録を書くことにしたのでした。

お出かけのときには、スマホを複数台とタブレットとパソコンを持ち歩きます。
両手首にはスマートウォッチです。
こんなスタイルで生活している中での備忘録を書いています。

「Blog Master」をフォローしてみる
Android端末
「Blog Master」をフォローしてみる
wnkhs.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました