Apple Watchを信じようと思います(ご近所ラン 10km 2022年10月1日)

Blog Admin
Blog Admin

今週はご近所ランです。
前回に引き続き、Apple Watch SEで計測しました。
これまでどおりにHuawei Watch GTも使っています。

運動の記録
10kmラン

Huawei Watch GT で記録することを目的としています
10km走りました。

そして前回から、Apple Watch 第2世代 でも記録しております。
しばらく計測してみて、これまでの記録と比べてみようと思います。

ご近所のコースです。

今回の装備

自宅を中心にした近所のジョギングです。
最近はiPhoneを携行しているので、Apple Watch SE での計測ができてちょうどよいです。

SIMありスマホに接続済みのスマートウォッチでの計測に切り替わっていきそうです。

今回も飛沫対策なしです。
屋外での運動時には、マスクなしでよいのですよね。
走り終わったらコンビニに拠るので、マスクは持っていきました。

スマートウォッチ

Apple Watch SE 第2世代
Apple Watch SE

「いつもの」になっていきそうな予感です。
左腕は、Apple Watch SE ですので、iPhone SE を携行しました。
右腕は、Huawei Watch GT ですので、P20 Lite を携行しました。

iPhone SE にはSIMが入っていますので、テザリングでP20 Liteを接続です。

iPhone SE

端末たちはウエストバッグに収めております。
かつては厚みのあるPocket Wi-Fiを携行していましたので、スマホ2台のみは薄くてよいです。

スマホGPSを使えると、位置情報の精度が高まります。
重さもスペースも気になりません。

シューズ

アシックスのランニングシューズです。
マイシューズなので、自宅から出発のコースならばこれです。

汚れが目立ってきました。

今回も、履くときにかかとをトントンしました。
毎回忘れずにやりましょう。

いつもの靴下は破れてしまっていたのでした。
靴擦れの原因が分かりました。
前回のマメはそのままにしてあるので、どこかのタイミングでどうにかします。

ウェアー

半袖 + ハーフパンツ です。
夏装備です。

ノンブランドのキャップ、コロンビアのシャツ、ユニクロのハーフパンツ、ノンブランドの靴下、アシックスのシューズ。
HuaweiとAppleのスマートウォッチ。
毎度毎度のばらばらコーディネートですw

コース

自宅から出て、ジョギングコースによさそうなところを走って、10kmになったところから自転車で自宅に帰るといったコースです。

スマホ

最近よく走っているコースです。
長距離を信号無しで走れるコースを選んでおります。
今回もノンストップで走ることができました。場所によっては人が多かったですが、なるべく密度の低いところも選んでおります。
催し物があったようで、局所的に混雑していました。
風がありましたが、問題になるほどではないです。

記録

10km走りました。

とにかく無理せず。
よい気候ですが、健康第一ですから。
記録など二の次です。

  • 気温: 25度前後
  • 湿度: 60パーセント前後

気温はちょうどよく、空気が乾燥していてサッパリした気候でした。
秋ですね。
口を開けていると乾燥が気になるほどです。

Huawei Watch GT

今回の記録は、いつものとおりのマトモさです。

2022年10月1日
2022年10月1日
  • 距離: 10.02km
  • 時間: 00:56:02
  • 平均ペース: 5:36
  • カロリー: 777kcal

楽し気な数字です!w

Apple Watch SE 第2世代

記録の共有方法を模索中でして。。
スクショにしてみました。

2022年10月1日
2022年10月1日
  • 距離: 10.20km
  • 時間: 00:56:16
  • 平均ペース: 5:31
  • カロリー: 690kcal

記録の止め方が分からなくなり、最後に少しだけ混乱しました。
ボタンだけで止められるとよいのですが。。
左側にあるコントロールで、一時停止するか中止するかですね。

記録内容の差をどう考えるか

もう少しサンプルを集めるつもりですが。
もともと使ってきたHuawei Watch GTの記録と、最新のApple Watch SE 第2世代の記録との間には、若干ではあれ誤差があります。

集約されていくようなら気にせず切り替えていきます。

センサー部
Apple Watch

スマートウォッチは、腕時計として利用頻度が高い端末です。
そのためなのか、けっこう頑丈にできていると思います。

バンドは好感しつつも、本体は無傷で使えています。
動きがモッサリすることもなく、変え時が難しいですね。

デバイス間である程度の差があることは当然なので、どう考えるか、情報を整理なのだと思っております。

Xiaomi Watch S1 Active をどうしましょうか。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました