気温が下がって消費カロリーも下がった?(皇居ラン 10km 2020年12月15日)

Blog Admin
Blog Admin

皇居ランの記録です。10kmランです。
2020年12月15日に走ってまいりました。
いっきに寒くなって、ちょっと体温が低すぎたかもしれません。。

皇居ラン
2020年12月15日

Huawei Watch GT」と「Xiaomi Mi Smart Band 5」での計測です。
先日からXiaomiの最新版バンドを使用中です!

皇居外周を2周目標で走っております。
今回も人が少なかったです。
寒気が近づいてきたということもあって、本格的な冬ですね。

今回の装備

デバイス関係は次項のとおりです。いつもどおりの2台体制です。
ウェアーはレンタル品で秋装備 + 手袋です。

シューズは「ナイキ エア ズーム ペガサス 37」です。
トレーニング用のものだと思っています。

デバイス

バンド
Xiaomi Mi Smart Band 5

携行していたデバイスは以下のとおりです。

  • 右腕: Xiaomi Mi Smart Band 5
  • 左腕: Huawei Watch GT
  • Xiaomi Mi Note 10 Lite(Mi Fitアプリ)
  • Huawei P20 lite(ヘルスケアアプリ)
  • Pocket Wi-Fi

電話機たちとPocket Wi-Fiは、ウエストポーチに収納です。

ランニング装備

ウェアーは、長袖 + ハーフパンツです。
軍手を着用しております。ただ、ちょっと薄着過ぎた気がしています。。
外気温は7~6度ほど。もう1枚必要ですね。
ランニング中はマスクなしです。

ちょっといい靴下を着用しています。

靴下
ペガサス37
ナイキ エア ズーム ペガサス 37

シューズは、「ナイキ エア ズーム ペガサス 37」です。
14,000円ほどのモデルをお得にレンタルです。
ちなみに、今回も日比谷のランステです。
クリスマスソングが流れていました。

今回の記録

ヘルスケアアプリ(HUAWEI)の記録と、Mi Fit(Xiaomi)の記録を載せます。
Xiaomi Mi Smart Band 5 がとにかく辛口です。今回はHuawei Watch GT と差がありました。
いずれにしても、ちゃんと記録できることがモチベーションなのです!

基準にするデバイスは、Huawei Watch GTです。
定点観測です。

Huawei Watch GT

時計単独で計測できるはずが、ヘルスケアアプリとの連携が必須になりました。
単体だとGPSを受信できません。準備完了状態にならないのです。
残念です。元に戻してほしいです。
それから、心拍数通知も止めたいです。。

Huawei Watch GT ショート
Huawei Watch GT ショート
Huawei Watch GT ロング
Huawei Watch GT ロング

ラップ通知がよく分からない状態になってきました。
手首が冷えすぎて、感覚がなくなっていたのかもしれません。
あるいは、いらない通知のせいでラップ通知が来なかったのかもしれません。。

記録に関しては、よい距離感だと思います。

HUAWEI WATCH GT スマートウォッチ GPS内蔵 気圧高度計 iOS/Android対応 WATCH GT Sports/Black ベルト/シリコン 【日本正規代理店品】
HUAWEI WATCH GT スマートウォッチ GPS内蔵 気圧高度計 iOS/Android対応 WATCH GT Sports/Black ベルト/シリコン 【日本正規代理店品】
Amazonで見てみる
https://amzn.to/2U2D59x

Xiaomi Mi Smart Band 5

Xiaomi Mi Note 10 Lite のMi Fitアプリと連携させて計測しています。
スマホのGPSに頼ります。

バンド本体にGPSの電波を受信する機能はありません。
手の振りと、心拍数を計測しているものと思われます。

Xiaomi Mi Smart Band 5 ショート
Xiaomi Mi Smart Band 5 ショート
Xiaomi Mi Smart Band 5 ロング
Xiaomi Mi Smart Band 5 ロング

やはり辛口です!
辛口ではありますが、実感があるような気もしています。
Mi Note 10 Lite のほうが性能がよいのだと信じていますので、やはりこちらが正しいのでしょうか。
もうしばらく計測です。様子を見ております。

Xiaomi Mi Smart Band 5
Xiaomi Mi Smart Band 5
GearBestで見てみる
http://gbe.st/302cCdc

両者の比較

結果の比較です。
前回の10kmランとも比較します。

種類Huawei Watch GTXiaomi Mi Smart Band 5Watch GT(前回)
走行距離10.11km10.03km10.15km
時間00:52:3100:52:3000:53:12
平均ペース5:125:135:14
平均速度11.55km11.46km
(計算値)
11.45km
平均ストライド118cm114cm116cm
消費651kcal716kcal700kcal

今回も、HuaweiよりもXiaomiのほうが辛口でした。
ただし、記録はまとまってきた気がします。
それぞれに差はありますが。。
メーカーの差といってもよい程度にはまとまっていると思うのです。

右側

前回からの差が気になっています。特に、消費カロリーです。
外気温が低かったからでしょうか。体温もあまり上がっていなかったように感じております。

とにかく時間を合わせることができていますので、あとは機器の差ということでw
ストライドの差は気になりますね。

気温が低い時には、準備運動を念入りに。

スマートバンド5に更新あり

なんとなく予感がして、昼過ぎにMiFitアプリを起動してみました。
すると更新が!

Xiaomi Mi Smart Band 5
ファームウェアアップデート

自動でアップデートされるのはよいのですが、あれが走る直前だったらと思うと、やや複雑な気持ちです。
アップして身体を温めて、さあ走ろうというタイミングでアップデート待ちになったら、イライラは避けられなかったでしょう。

先に通知してくれるとか、更新タイミングを選択できるとか、

寒すぎたのか

身体の感覚では、まあまあいつもどおりな負荷だったように感じていたのですが。。
機械の判定は、そうてはなかったのです。
そこまで大したことをしていないと。。?

2020年12月15日

たしかに心拍数はそこまで上がっていないです。
この数字による判定でしょう。
機械は変わっていないのですから、合っているはずですし。

心拍数に詳しくないのでこんどちゃんと調べます。

もし外気温やらが関係しているのならば、次回はウインドブレーカーですね。
そもそも今回も悩んだ上でのなし判断でしたので。

ランスマ倶楽部でお勉強も

日曜日の夜方にBSで放送している『ランスマ倶楽部』という番組を録画しています。
ちょうど先日のテーマが、スマートウォッチの活用ということでした。
録画しただけでまだ勉強できていないので、今週中に実践に移せるようにします!

スマートウォッチ
ランスマ倶楽部
ランニングを愛するすべての人のための情報番組。2021年度は新メンバーを加えてさらにパワーアップ。 女性芸能人最速を目標とする佐野千晃。サブ4(フルマラソン4時間切り)を達成し、さらにその先を目指す高樹リサ。芸能界きってのガチランナーで、目標はサブ3(フルマラソン3時間切り)のハリー杉山。まだまだ負けない藤原新。総監...

楽しみです。

マスクなしでの会話はやめてほしい

ランニングコースでも、ランニングステーションでも、マスクなしでの会話は控えて欲しいです。

ランニングはけっこうな運動ですし、屋外ですので、マスクを着けないのはよいと思うのです。
ただ、飛沫リスクの大きい会話は控えてほしいのです。

おしゃべりしたいのなら、マスクを着用すればよいと思います。
マスク着用しないのなら、静かに黙々と準備したり、走ったりでよいのです。

ウイルス

ニューノーマル、ウィズコロナ時代のマナーだと思います。
仲間との会話が楽しいというのは分かります。ですが、感染拡大のリスクは仲間以外にも影響します。

OTEMACHI ONE の the 3rd Burger は快適でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました